「 Yasunoriaaca 」 ブログ

2017年から加藤個人のブログに戻ります。更新頻度は?はてさて。。。

第4戦 Grand Prix de Cyklis レポート

いつもレポートが遅くてすみません。

 

第4戦のレポートです。

 

写真は

Catarina様より

 

最初のカテゴリーは個人タイムトライアル。

冬場のトレーニングの目安にしてもらえればと思い今大会から行いました。

優勝は小西優大選手!おめでとうございます!

f:id:yasunori0625:20131212145310j:plain

f:id:yasunori0625:20131212145405j:plain

f:id:yasunori0625:20131212145355j:plain

 

トップカテゴリーのC1には第3戦に引き続き、地元の中京大学自転車部の選手が多数参加。

今回のみレースタイトルスポンサー、Cyklis様のご意向でC1カテゴリーのみポイントレース形式を採用。

6,8,10,12,14周回のスタート&ゴールラインを1位通過で5点。2位通過で3点。3位通過で1点。ゴールの時のみ1位、15点。2位、5点。3位3点が与えられ合計得点で優勝が争われた。

f:id:yasunori0625:20131212145337j:plain

スタートしてADONチームの二俣選手(敢闘賞獲得)や小暮選手が逃げを試みるがポイント周回までは決定的な逃げは決まらず。。。

 

ポイント周回を直前にして直前に行われた個人タイムトライアルの覇者、小西優大選手が中京大の阿曽圭佑選手、森聖貴選手とともに3人で抜け出す。

 

少しして森選手が遅れて2名で強調して逃げ始めた。

f:id:yasunori0625:20131212145256j:plain

ポイント周回の初めのうちは競い合って小西選手が1位通過だったものの途中から後続集団が迫ってきているのを考えてかポイント周回でもがくことなく坦々と2名で先頭交代を繰り返し、逃げ切りを確定させる動きに。

後続集団は追いつきたいがポイント周回では3位のポイントもほしいといった様々な思惑が交錯し、なかなか決定的な追走はできぬまま最終周回へ。

f:id:yasunori0625:20131212145319j:plain

最後、2名でのスプリントかと思われたゴール直前の坂へ入る手前から小西選手が阿曽選手をロングスパートで振り切って単独でゴールラインに飛び込んだ。

少し遅れて阿曽選手がゴール。

集団の3位のポイント争いは小西選手のチームメート、小渡健悟選手(岩井商会ガンウェルレーシング)が制した。

f:id:yasunori0625:20131212145328j:plain

ポイント同点の場合は最後のゴールラインの順位を優先させる特設ルールにより順位は1位小西選手、2位阿曽選手、3位小渡選手となった。

f:id:yasunori0625:20131212145533j:plain

TTとC1をダブルで制した小西優大選手!

 

12月の風が冷たかったですが穏やかな晴天でのレースとなり、観戦する観客も比較的、過ごしやすい陽気となりました。

 

優勝賞品をご提供くださったCyklisのJonny様、レース開催において多大なご尽力をくださったスタッフの皆様。公園管理者の皆様。

ご参加くださった選手の皆様、誠にありがとうございます。

この場をおかりしてお礼申し上げます。

 

今後も精いっぱい努力してより良い大会にしてきます!

本当にありがとうございました!!

 

2013 COUPE DE AACA 第5戦 エントリー受付中!!12月22日です!