読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「 Yasunoriaaca 」 ブログ

2017年から加藤個人のブログに戻ります。更新頻度は?はてさて。。。

「サイクルデイ in 熊野」に KINAN Cycling Team が参加

f:id:yasunori0625:20160213104524j:plain

写真は阿曽圭佑によるウォーミングアップ講座 Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 

サイクリングを通じた地域交流に一役

 

和歌山県三重県にまたがる熊野地域を本拠地とする日本籍の UCI(国際自転車競技連合) コンチネンタルチーム「キナンサイクリングチーム(KINAN Cycling Team)」は 2 月 13、14 日の 2 日間、三重県熊野市で開催されたライドイベント「サイクルデイ in 熊野」 にゲスト参加。

サイクリングを通じた地域活性化、ライダーとの交流に努めた。

今年で 3 回目を迎えるこのイベントは、毎年日本国内のトップライダーを招待し、ホビー ライダーや学生競技者への指導・アドバイスを送るクリニックと、風光明媚な同地域のコ ースを実際にライド走行できるのが大きな魅力。

今年は KINAN Cycling Team が招かれ、 伊丹健治、野中竜馬、中西重智、阿曽圭佑、阿曽光佑の 5 選手、加藤康則ゼネラルマネー ジャー、鈴木新史アドバイザー、石田哲也監督のほか、育成チーム「KINAN AACA」のメンバーも参加した。

1 日目は「Tour de 熊野」のコースにも採用される、札立峠のヒルクライム計測会に始まり、三重県立熊野少年自然の家に場所を移しての各種クリニックを実施。

ヒルクライム計測会では高校生がトップタイムをマーク。

併走する KINAN Cycling Team の選手たちのペ ースに合わせて走行したり、遅れぬようにと必死に頑張る姿も見られた。

クリニックは、阿曽圭佑によるウォーミングアップ講座のほか、高校生・大学生・一般に分かれてローラー台を使ったポジションチェックや座学、和光ケミカルによるメンテナンス講習が行われた。

なかでも座学では参加者からの質問が続々。

伊丹がかつて自身が総合 優勝したツール・ド・おきなわでの走りや、フランスでのアマチュア活動時代を例に挙げ、 各年代のライダーに置き換えてアドバイスを送った。

2 日目は、77km・50km・20km のコースに分かれてのサイクリング。

参加者それぞれが スキルに合わせてコースをチョイスし、熊野地域でのライドを楽しんだ。KINAN Cycling Team の選手・スタッフも各コースを走行。

参加ライダーとの交流を図ると同時に、コー ス内の安全性をチェックしながら走った。

ライド終了後のお楽しみとしては、チームグッズをかけたじゃんけん大会。

野中とのじゃんけんに勝った参加者がメンバー直筆サイン入り T シャツを手に入れた。

充実のイベントに、参加ライダーの声も弾む。

三重県鈴鹿市から参加の出口憲明さんは 77km コースに出走。

普段はモーターバイクでのツーリングに使うルートだといい、「ロ ードバイクで走るのは新鮮」と笑顔。

また、「KINAN Cycling Team や KINAN AACA の選手たちが、道に散乱していた木の枝やごみを拾いながら走ってくれたおかげで、安心 して最後まで走りきることができた。

選手たちと一緒に走ることのできる貴重な機会なの で、ぜひ来年も参加したい」と話した。

そのほか、1 日目には選手と参加者との交流を兼ねた夕食会、2 日目には地元の郷土料理 「めはり寿司」や、目の前に広がる熊野灘で獲れたさんまの丸干しなどが振る舞われ、サ イクリングにとどまらず“食”の面でも賑わいを見せた。

昨年を上回る参加者が集まり大きな盛り上がりを見せた今回。

閉会式では早くも来年の開催が宣言されるなど、自転車文化が熊野地域に着々と根付いていることを感じさせた。

 

 

●選手コメント

・阿曽光佑(ローラー台でのポジションチェックを行っての感想)

「高校生は体の成長段階でもあるので、ポジショニングが不安定な面があるイメージだった。

逆に大学生や一般ライダーになると、体ができあがってくるので自然とポジションが 固まっている印象を受けた。

ポジションが安定している分、次の段階としてトレーニング 内容に関するアドバイスができた。

僕自身、学生生活とプロライダーを両立しているので、 日々仕事に励んでいるホビーライダーは境遇が似ている。

そのような人たちに効率よくトレーニングする方法などを共有できたのはよかった」

 

・野中竜馬(50km コースに出走)

「以前行ったクリニックに参加してくださった方が声をかけてくれたり、みんなフレンドリーで気兼ねなくコミュニケーションが図れた。みんなで楽しく走ることができて満足している」

 

サイクルデイin熊野HP

http://kumanoshi-kankoukyoukai.info/cycledayinkumano/index.html

 

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。
-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/
-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/
-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/
-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/
-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440
-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/
-uvex http://www.uvex-sports.jp/
-ATHLETUNE http://athletune.hayato-kk.com/
-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/
-igname Sports Aroma http://www.igname.net/
-DISSETARE http://www.dissetare.com/
-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/
-KINAN AACAcup http://coupedeaaca.jimdo.com/
-Twitter @teamKINAN