読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「 Yasunoriaaca 」 ブログ

2017年から加藤個人のブログに戻ります。更新頻度は?はてさて。。。

KINAN COUPE DE AACA 第 4 戦・第 1 ステージ 112.2km

f:id:yasunori0625:20160429155357j:plain

KINAN COUPE DE AACA 第 4 戦第 1 ステージ

山本雅道選手がスプリントを制し優勝 リーダージャージを獲得

●KINAN COUPE DE AACA第4戦第1ステージ 112.2km(5.1km × 22 周)

● KINAN Cycling Team 出場選手

伊丹健治

阿曽光佑

野中竜馬

中西重智

東海地方のロードレースシリーズ「KINAN COUPE DE AACA」は4月29日、2016年 シーズン第 4 戦の第 1 ステージを国営木曽三川公園・長良川サービスセンター前特設コー スで開催された。メーンレースの 1-1 クラスは、逃げメンバーによるスプリントとなり、 シエルヴォ奈良 MIYATA-MERIDA レーシングチームの山本雅道選手が優勝。リーダージ ャージに袖を通した。

毎月 1 戦のペースで実施される本シリーズだが、ゴールデンウィーク前半に行われる第 4 戦は 2 日間計 3 ステージで争われる。各ステージの優勝争いはもちろん、全ステージトー タルで競う個人総合時間賞も設定。また、出場する全選手が均等にレース機会を得られる よう、前のステージでリタイアまたはタイムアウトになった場合でも、ステージ優勝者の フィニッシュタイムから 10 分を加算し次ステージへの出走を認めるなど、このシリーズ 独自のルールが採用されている。

今回は、昨年の全日本選手権ロードレース・アンダー 23(23 歳未満)王者の中井路雅選 手(京都産業大学)が日本チャンピオンジャージで出場しているほか、国内トップチーム からも多くの選手が参戦。ホストチームである UCI コンチネンタルチーム「KINAN Cycling Team」からは、伊丹健治、阿曽光佑、野中竜馬、中西重智の 4 人がスタートラ インに就いた。

29th April 2016

第 1 戦から第 3 戦までと同じ会場で行われた第 1 ステージは、5.1km の周回コースを 22 周。北西からの強い風が影響し、周回前半は向かい風、後半は追い風となるコンディショ ンがレースをどのように左右するかが焦点となった。

レースは 1 周目から中井選手を中心に数名が逃げを狙う。2 周目には中井選手、中西、岸 崇仁選手(シエルヴォ奈良 MIYATA-MERIDA レーシングチーム)が集団から抜け出し、 そのままリードを開始。その後、小渡健悟選手(シエルヴォ奈良 MIYATA-MERIDA レー シングチーム)、柴田雅之選手(龍谷大学)、安田京介選手(京都産業大学)が合流した。

先頭の 6 人とメーン集団との差は 30 秒前後で推移していたが、レースが中盤に入ると徐 々に広がっていった。最大約 1 分 10 秒差となったのを境に、メーン集団でもペースが上 昇。単独または数選手で前方をうかがう動きが表れるなど、レース後半にかけて活性化し ていった。

終盤に入っても協調体制は崩さず、粘りを見せていた逃げグループだったが、残り 2 周で 崩壊したメーン集団から山本選手、野中らが合流。そして、周回後半には追い風を利用し て小渡選手がアタックを決め、数秒リードしてラスト 1 周の鐘を聴いた。

向かい風区間で小渡選手は吸収され、ラスト 1km を切ったところで中井選手がアタック するも厳しいマークにあい失敗。勝負はスプリントに委ねられた。

最後の直線は上り基調。最終コーナーをトップで抜けたのは野中。スプリントタイミング を図って加速する。だが、その脇から抜けたのは山本選手。野中に 1 車身差をつけてトッ プでフィニッシュラインを通過した。

かつてはヨーロッパでプロ選手として活躍。2011 年シーズン限りでの引退後、4 年間のブ ランクを経て、昨年KINAN Cycling Teamで現役復帰を果たした山本選手。今年からは シエルヴォ奈良 MIYATA-MERIDA レーシングチームの監督兼選手としてレースを転戦し ている。勝利を決めた最終局面を振り返り、「(チームメートの)岸選手がよく動いてくれ て、僕は何もせずフィニッシュに備えられた。最後も野中選手の動きに合わせただけ。ち ょっと申し訳ない気分にもなったけど、勝負である以上勝つことが重要」と、古巣相手に も勝利にこだわって走ったことを強調した。第 2 ステージ以降のリーダージャージ保持に ついては「厳しいんじゃないかな」と述べつつも、トライする姿勢を見せている。

KINAN 勢最上位となった 2 位の野中は、「スプリントは(山本)雅道さんに完全マークさ れてしまっていた」と振り返った。ステージ優勝こそ逃したものの、このステージ序盤か ら逃げ続けた中西とともに総合上位にランクイン。第 2・3 ステージでの総合首位浮上を もくろむ。

風が選手たちを苦しめたこのステージ。53 人が出走し、完走が 22 人というサバイバルレ ースとなった。

大会 2 日目となる 30 日は、ツアー・オブ・ジャパンいなべステージのメーン会場でもあ る「いなべ市梅林公園」に会場を移す。第 2 ステージは、1.5km の個人タイムトライアル。 続く第 3 ステージは、1 周 1.5km を 40 周で競うクリテリウムが行われる。勝負強さとと もに、総合力が問われる 1 日となりそうだ。そして、総合首位の証であるリーダージャー ジの行方が大いに注目される。

Coupe de AACA 第 4 戦第 1 ステージ 1-1 クラス(112.2km)結果

1 山本雅道(シエルヴォ奈良 MIYATA-MERIDA レーシングチーム)

2 野中竜馬(KINAN Cycling Team)

3 安田京介(京都産業大学)

4 岸崇仁(シエルヴォ奈良 MIYATA-MERIDA レーシングチーム)

5 佐野千尋(イナーメ信濃山形)

7 中西重智(KINAN Cycling Team)
17 阿曽光佑(KINAN Cycling Team)
19 伊丹健治(KINAN Cycling Team)

 

 text&photo:Syunsuke FUKUMITSU

 

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/
-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/
-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/
-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/
-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440
-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/
-uvex http://www.uvex-sports.jp/
-ATHLETUNE http://athletune.hayato-kk.com/
-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/
-igname Sports Aroma http://www.igname.net/
-DISSETARE http://www.dissetare.com/
-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/
-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN