読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「 Yasunoriaaca 」 ブログ

2017年から加藤個人のブログに戻ります。更新頻度は?はてさて。。。

外に立っているだけで汗が止まらない…、大会前日。

f:id:yasunori0625:20160510193852j:plain

f:id:yasunori0625:20160510193835j:plain

外に立っているだけで汗が止まらない…、大会前日。

 

大会の前日は何かと忙しい。

まず選手は昨夜からの眠気に耐えつつ午前のうちに練習へ。

戻るとそのまま身支度を済ませたら、主催者が準備する“カメの赤ちゃんを海へ放つイベント“に参加するため自転車で河岸へ。その間は昼食もまともに取れず合間に菓子パンを頬張る。それを終えると次は地域の子供たちとサイクリングへ。

そしてそのままプレゼンテーション会場へ。チーム紹介が終わるとわずかに残った力でペダルを踏みホテルへ戻る。

そこから眠気と戦いながらマッサージそしてミーティング…。あっという間の一日が終わり落ち着いた頃には就寝時間。レース前からタフな心が鍛えられる環境です。

スタッフも淡々とレースへ向けて準備を進めます。 藤間マッサーは、午前中にボトルや食材の数を管理して、午後は期間中に食べる食材の買い出しへ。 選手がホテルに戻ればひたすらマッサージ、マッサージ、マッサージ。 それを終えると夜からレースで使う補食とドリンクの準備、これまた息つく暇なく一日が終わります。

南野メカは、朝からレース用のホイールとスペアバイクの最終チェック。 選手がホテルに戻れば全員分のバイクの洗車とメンテナンス、コースに合わせて選手のリクエストに応えてセッティング。 選手の体を預けるバイクを任されるメカは素早く正確に…です。 選手はトラブルが無くて当たり前だと考えますから、気の休まらない大変な仕事です。

監督はというと、 午前中にライセンスコントロールを済ませゼッケンやレースマニュアルを受け取り、それを元に監督会議へ。 会議ではレースのルール説明はもちろん、イベントのタイムスケジュール、レース前後の移動手段や時間、そして会議の最後にちょっとした盛上りを見せるチームカーのくじ引き。

このくじ引きの順番で初日のチームカーの順番が決まります。 今回は12番。

後ろから8番目、ヨシとしましょう。 会議から戻ると選手に同行してイベントへ。その会場で関係者からレース当日の氷や水の受け取り先や、各食事の予定やコースの注意点など聞き込みです。それを持ち帰り夜のミーティングでチームへ伝えます。

そうしているうちにレース前日は終わり、いよいよ明日からレースです。 明日のコースは171km平坦ステージ、内陸からスタートして海岸沿いのバニュワンギに戻ってきます。 集団ゴールが大方の予想ですが、初日は全員にチャンスがあり集団がアグレッシブに動きます、重要な一日になるでしょう。 そして明日は6時30分にはホテルを出発です、スタッフも早く休みましょう。

皆様の日本からの応援が力になります!

応援よろしくお願いします。

KINAN Cycling Team 石田哲也

 

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/
-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/
-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/
-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/
-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440
-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/
-uvex http://www.uvex-sports.jp/
-ATHLETUNE http://athletune.hayato-kk.com/
-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/
-igname Sports Aroma http://www.igname.net/
-DISSETARE http://www.dissetare.com/
-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/
-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN