読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「 Yasunoriaaca 」 ブログ

2017年から加藤個人のブログに戻ります。更新頻度は?はてさて。。。

ウィーラースクール in 美山 2016

f:id:yasunori0625:20160521093949j:plain

ウィーラースクール in 美山 2016 野中と中西が講師として安全走行のレクチャーを行う

21th May 2016

今年で 30 回目を迎える「京都美山サイクルロードレース」が 5 月 21 日から 2 日間の日程 で開催されている。大会 1 日目のプログラムには、「レース安全講習会」と称して、レー スを楽しむ方法や安全走行を学ぶ場が設けられた。講師はプロ選手たちが務め、KINAN Cycling Team からも野中竜馬、中西重智の 2 選手がレースに臨むうえでの心構えを参加者にレクチャーした。

この講習会は、京都府南丹市美山町を拠点に行われている「ウィーラースクール in 美山」 の一環で、通年で行われているカリキュラムの中でも京都美山サイクルロードレースに合 わせて企画された特別プログラム。

ウィーラースクールとは、自転車競技の本場であるベルギーフランドル地方の子ども向け 自転車教材をベースとしたもの。それを、過去数年の実績や日本の環境をもとにアレンジし、子どものうちから正しい交通マナーの知識や自転車の操作技術の向上を図り、「自転車の楽しさ」を広める取り組みだ。同町在住のブラッキー中島隆章氏がスクールを主宰する。

今回はKINAN Cycling Teamのほか、シマノレーシング愛三工業レーシングチームと いった国内トップチームの選手、さらにはシクロクロス日本チャンピオンの竹之内悠選手 (東洋フレーム)が講師を務めた。参加者はライディングスキルに応じたグループ分けのもと、選手たちとふれあいながら安全走行の極意を学んだ。

ライド経験の浅い子どもたちはまず、ゴムシートが敷かれたコースや、木製の一本橋の上 を進み、まっすぐに走る練習。これに慣れると、今度はパイロンの間をスラロームしてバ イクコントロールを養う。その後、ロードへと実際に出て走りの感覚を確かめた。基本を 反復する子どもたちに野中が適宜声をかけ、アドバイスを行った。また、ロード走行では 先導役を務めた。一方、ロード走行に主眼を置いたグループには中西が就き、参加者から の質問に答えながらプログラムを進めた。

講習会の最後には記念撮影やサイン会が開かれ、和やかなムードの中でお開きとなった。 その後、選手たちはトレーニングへと出発。翌日のレースコースの下見を兼ねて軽めのライドを行った。

なお、大会のメーンイベントであるロードレースは 22 日に行われる。年齢やレーススキルに合わせた 5 つのカテゴリーが設けられ、最長の 70km(10km × 7 周回)には野中、 中西、阿曽光佑が出場し優勝を目指す。コースは、約 2km の上りやテクニカルな下りが 待ち受け、エキサイティングなレースになることが予想される。

text&photo:Syunsuke FUKUMITSU

 

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/
-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/
-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/
-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/
-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440
-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/
-uvex http://www.uvex-sports.jp/
-ATHLETUNE http://athletune.hayato-kk.com/
-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/
-igname Sports Aroma http://www.igname.net/
-DISSETARE http://www.dissetare.com/
-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/
-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN