「 Yasunoriaaca 」 ブログ

2017年から加藤個人のブログに戻ります。更新頻度は?はてさて。。。

京都美山サイクルロードレース

f:id:yasunori0625:20160522130244j:plain

京都美山サイクルロードレース

野中竜馬がスプリントで 3 位入賞

●京都美山サイクルロードレース 2016年5月22日開催

70km(10km × 7 周回)

● KINAN Cycling Team 出場選手

阿曽光佑

野中竜馬

中西重智

23th May 2016

今年で 30 回目を迎えた「京都美山サイクルロードレース」は、2 日目の競技が 5 月 22 日 に実施された。年齢やレーススキルに合わせた 5 つのカテゴリーによるロードレース種目 が行われ、最長の 70km(10km × 7)で争われた C1(カテゴリー 1)クラスには KINAN Cycling Team から 3 選手が出場。激しいレースの末、野中竜馬が 3 位に入賞した。

風光明媚な京都府南丹市美山町を舞台に行われたレースは、午前 10 時のスタートを前に 気温 25 度を超えた。晴天に恵まれ、風も穏やかとはいえ、予想を上回る暑さのため、選手たちが走行中に必要とするドリンクボトルや補給食の周到な準備が求められた。また、1 周 10km のコースには、約 2km の上りとテクニカルな下りが周回後半に待ち受ける。勝 利を目指すうえで、仕掛けどころとなる重要なポイントだ。

KINAN 勢は、野中のほか、阿曽光佑、中西重智の 3 選手が出場。その他国内トップチームでは、フルメンバーで臨んだシマノレーシングを筆頭に、那須ブラーゼン、愛三工業レーシングチーム、シエルヴォ奈良 MIYATA-MERIDA レーシングチーム、イナーメ信濃山形などが参戦。国内最高峰のレースシリーズである J プロツアーさながらのラインナップ でレースの火蓋が切られた。

複数カテゴリーが同時にスタートしたこともあり、200 人以上の選手が一斉にコースへと飛び出した。混乱を避ける意味も含め、有力チーム・選手たちが序盤からレースを積極的 に動かす。KINAN 勢は中西が 1 周回目から逃げグループに入り、2 周回目には野中も加わった。メーン集団内で多くの選手が巻き込まれる落車が発生した影響もあり、3 周回目 までに先頭グループに入った 15 選手がレースを優位に進める形となった。

有力チームは 2 人以上を先頭グループに送り込み、いかなる展開にも対応できる状況を整える。KINAN 勢も野中と中西で勝負どころを見据える。阿曽光佑は後方を走るメーン集団内に待機。先頭グループを追う動きに乗じる。

レースが動いたのは残り 3 周後半。伊藤雅和選手(愛三工業レーシングチーム)と中村龍 太郎選手(イナーメ信濃山形)が先頭集団を抜け出し、逃げを試みる。残り 2 周になると、 伊藤選手に代わり入部正太朗選手(シマノレーシング)が中村選手に合流。2 人が先頭のままラスト 1 周の鐘を聞いた。

前を行く 2 人に追いつきたい KINAN 勢は、中西が数選手と先頭交代のローテーションを 回してペースを上げる。狙いは野中でのスプリント勝負だ。そして、周回後半の上りで先頭 2 人を吸収。中西は野中を優勝争いのメンバーに送り込むアシストを果たした。野中を 含む先頭グループは11人に絞られ、一団のまま下りをクリア。残り1kmの看板を通過し、 フィニッシュを目指す。優勝争いはスプリント勝負に委ねられた。

そして残り約 200m。抜群のタイミングで飛び出したのは那須ブラーゼンの下島将輝選手。 スプリントタイミングを見計らっていた野中もこれを追う。しかし、スピードに乗った下島選手が誰よりも早くフィニッシュラインを通過。昨年 2 位と、この大会での実績が活きた格好だ。あと一歩及ばなかった野中だったが、3 位に入り、表彰台は確保。調子の良さを好走で示した。

アシストとして役割を果たした中西は 14 位、阿曽光佑は 47 位と、出場 3 選手はいずれも完走。また、コース途中に設けられたKOM(King of Mountain)の通過順をポイント換算し、その合計で争われた山岳賞でも野中が 4 位、中西が 5 位となった。

KINAN Cycling Team にとって、2016 年 5 月の活動は UCI アジアツアー参戦に参戦し ていたインドネシア組と、日本国内のレースでの勝利を目指した残留組とに分かれて活動を行ったが、ともに一定の成果を残し、実りある期間となった。今後は両グループが合流し、シーズンの最重要レースに位置づけるツアー・オブ・ジャパン(5 月 29 日~ 6 月 5 日)、ツール・ド・熊野(6 月 16 ~ 19 日)、各国国内選手権(全日本選手権ロードレースは 6 月 24 ~ 26 日)を見据えて取り組むこととなる。

京都美山サイクルロードレース C1(70km)結果

1下島将輝(那須ブラーゼン) 1時間45分13秒

2小橋勇利(シマノレーシング) +0秒

3野中竜馬(KINANCyclingTeam) +0秒

4木村圭佑(シマノレーシング) +0秒

5西村大輝(シマノレーシング) +2秒

14中西重智(KINANCyclingTeam) +2分16秒

47阿曽光佑(KINANCyclingTeam) +4分6秒

text&photo:Syunsuke FUKUMITSU 

 

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/
-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/
-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/
-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/
-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440
-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/
-uvex http://www.uvex-sports.jp/
-ATHLETUNE http://athletune.hayato-kk.com/
-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/
-igname Sports Aroma http://www.igname.net/
-DISSETARE http://www.dissetare.com/
-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/
-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN