読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「 Yasunoriaaca 」 ブログ

2017年から加藤個人のブログに戻ります。更新頻度は?はてさて。。。

いなべ市内小学校での交通安全教室

f:id:yasunori0625:20160524111550j:plain

f:id:yasunori0625:20160524113300j:plain

ツアー・オブ・ジャパンいなべステージ ホームチーム活動

小学校での交通安全教室・ウィーラースクールに野中、中西が参加

25th May 2016

今年で 19 回目を迎える、日本最大級のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)」 が 5 月 30 日に開幕する。それに先がけ、ステージ開催地の 1 つである三重県いなべ市で 関連事業として小学校での交通安全教室・ウィーラースクールが 24 日に開催された。今年から TOJ にはステージごとの「ホームチーム」が設定されており、6 月 1 日に行われるいなべステージはKINAN Cycling Teamがホームチームに選ばれている。その一環となる地域交流として、野中竜馬と中西重智が選手を代表して参加した。

TOJ では、ステージ開催地に住む人々が「想いを込めて応援する」対象にできるよう、ステージごとに独自のホームチームを設定(伊豆、東京は未設定)。出場する国内チームが “ホーム”となるステージ開催地を訪れ、子どもとの交流イベントへの参加や、強化合宿の実施など、その地域に密着した活動を進めている。これによって地元ファンを増やし、 選手たちは応援に走りで応えるという文化の構築を目指している。

ホームチーム活動の 1 つとして行われた交通安全教室とウィーラースクール。間近に迫ったステージ開催を前に、地域の小学生を対象にサイクルロードレースへの興味・関心を持ってもらうと同時に、交通ルールを守り、安全に自転車に乗るための知識を身につけることを目的とした。TOJ いなべステージ実行委員会が主催し、交通安全教室にはいなべ警察署署員、ウィーラースクールには『ウィーラースクールジャパン』代表のブラッキー中島 隆章氏が招かれた。

午前は同市の東藤原小学校、午後は同じく治田小学校を訪れ、会の前半はいなべ警察署署員による講話、後半にブラッキー中島氏によるウィーラースクールを展開。

ウィーラースクールでは、ブラッキー中島氏と野中・中西との軽妙なトークに始まり、スライドを用いて自転車の歴史や、安全に乗るうえでの心構えなどを児童たちに説明。そし て、自転車にまたがり正しい乗り方を学んだ。

ゴムシートや一本橋を使ってのまっすぐに走る練習のほか、ミニチュアのシーソーを使って段差への対応、パイロンの間をスラロームしてバイクコントロールを養う訓練など、バリエーションに富んだプログラム。楽しみながら学ぶスタイルに、児童たちは積極的に実践。野中と中西によるデモンストレーションも大好評で、プロライダーのテクニックに児童・教員ともに目を輝かせていた。

両校ともに、会の終わりには児童たちの熱烈ラブコールによる即席のサイン会を実施。チームノベルティのうちわに野中、中西、ブラッキー中島氏がサインをして応え、いなべステージでの活躍を約束した。

KINAN Cycling Teamにとっていなべ市は、主催レース「KINAN COUPE DE AACA」をTOJ いなべステージのコースでもある同市農業公園梅林公園で実施するなど、縁が深い街。またウィーラースクールは、自転車競技の本場であるベルギーフランドル地方の子ども向け自転車教材をベースとした「自転車の楽しさ」を広める取り組み。これら要素の融合により、児童たちは学年を問わず、さらには教員までをも巻き込んで笑顔いっぱいの時間を作りあげることができた。

KINAN Cycling Teamが出場するツアー・オブ・ジャパンは、29日に大阪・堺で開幕。 東京を目指し、全 8 ステージで争われる。われわれにとって最重要レースの 1 つであり、 特に大会 4 日目に控えるいなべステージでの活躍はマストであり、ホームチーム活動の成果を走りで示すことになる。

いなべステージは 6 月 1 日、同市内の阿下喜駅前を午前 9 時 20 分にスタート。2.8km の パレード走行の後、15.2km 周回コースを約 8 周半走り、同市農業公園梅林公園二フィニッシュする 130.7km で行われる。

レースの模様は、地元ラジオ局「いなべ FM」(86.1MHz)で生中継される。このステー ジのアンバサダーを務める、KINAN Cycling Team ゼネラルマネジャー・加藤康則が解 説を担当する予定だ。

text&photo:Syunsuke FUKUMITSU

 

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/
-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/
-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/
-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/
-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440
-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/
-uvex http://www.uvex-sports.jp/
-ATHLETUNE http://athletune.hayato-kk.com/
-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/
-igname Sports Aroma http://www.igname.net/
-DISSETARE http://www.dissetare.com/
-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/
-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN