読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「 Yasunoriaaca 」 ブログ

2017年から加藤個人のブログに戻ります。更新頻度は?はてさて。。。

ツアー・オブ・ジャパン(Tour of Japan, UCI Asia Tour 2.1)第4ステージ いなべ 130.7km

f:id:yasunori0625:20160602000657j:plain

photo:Satoru Kato

ツアー・オブ・ジャパン

UCI Asia Tour 2.1 5月29日~6月5日)

 

2016.6.1 第4ステージ いなべ 130.7㎞

 

キナンサイクリングチーム出場選手

 

ジャイ・クロフォード

リカルド・ガルシア

ウェズリー・サルツバーガー

マルコス・ガルシア

野中竜馬

阿曽圭佑

 

ツアー・オブ・ジャパン4日目は、三重県のいなべステージ。ホームチームとしてこのステージに臨むキナンサイクリングチームには、多くのファンが応援に駆け付けた。登り坂には、チームのマークや選手の名前がロードペイントされ、地元チームへの期待の高さがうかがえる。特に阿曽圭佑は地元が近い事から、シーズン当初からこのいなべステージを目標と公言してきた。

 

コースは、阿下喜駅前をパレードスタートし、1周15.2kmの周回コースに入って8周。前日までとは変わってアップダウンの厳しいコースとなり、キナンサイクリングチームとしてはこれからが本番となる。

 

レースはこの日も序盤から動いた。イラン勢2人と、マトリックスパワータグの佐野淳哉の3人が逃げ集団を形成。メイン集団に最大7分もの大差をつけて逃げ続ける。レース終盤の残り2周になって、先行する3人を追う動きが活性化。最終周回に4人の追走集団が1分差まで詰め寄るものの、イラン勢2人が逃げ切り。モハンマド・ラジャブルー(ピシュガマン・サイクリングチーム)がステージ優勝し、2位のメヘディ・ソフラビ(タブリーズ・シャハルダリ)が新たに個人総合順位の首位に立った。

 

キナンサイクリングチームは、6人全員が終盤までメイン集団でレースを進める。残り2周の追走活性化の展開の中でマルコス・ガルシアとジャイ・クロフォード、リカルド・ガルシアの3人が、割れたメイン集団の前方に残り、トップから49秒差でゴール。ウェズリー・サルツバーガー、野中竜馬、阿曽圭佑は、遅れたグルペットでゴールした。

 

<第4ステージ美濃 結果>

1位 モハンマド・ラジャブルー(ピシュガマン・サイクリングチーム) 3時間23分25秒 38.5km/h

 

13位 マルコス・ガルシア +49秒

20位 ジャイ・クロフォード 

26位 リカルド・ガルシア

43位 ウェズリー・サルツバーガー +2分10秒

80位 野中竜馬 +11分21秒

82位 阿曽圭佑 17分48秒

 

<個人総合順位 第4ステージ終了時>

1位 メヘディ・ソフラビ(タブリーズ・シャハルダリ) 9時間39分51秒

 

17位 ジャイ・クロフォード +1分02秒

25位 マルコス・ガルシア +1分03秒

31位 リカルド・ガルシア +1分13秒

52位 ウェズリー・サルツバーガー +6分51秒

55位 野中竜馬 +11分31秒

80位 阿曽圭佑 27分05秒

 

 

<選手コメント>

ジャイ・クロフォード

終盤に大きく割れた時に前の集団に入ったけれど、人数が多かったので協調できずに後続集団に追いつかれてしまった。でも最後は総合を狙う3人が遅れなかったので、これからのステージの為にも良かった。 明日は今日よりもハードになるだろう。

 

阿曽圭佑

地元だし、ホストチームということで本当は最初の逃げに乗りたかった。 逃げが行ってしまった後は、補給の為にチームカーと集団の間を行ったり来たりしているうちに足がなくなってしまった。本当はもっと最後までアシストしたかったが、遅れてしまった。 明日からも頑張ります。

 

石田監督

昨年の様に重要なメンバーが抜け出してくることを各チームが恐れていた為か、ラスト2周に入るまではさほどペースも上がらずだった。 キナンサイクリングチームとしては、上りの得意な選手が多いのでもっとキツい展開の方が望ましかったけれど、こればかりは仕方のないこと。総合上位を狙える3人が、しっかりとメイン集団でゴールできて良かった。

選手達はインドネシア後も好調を維持していることが、今日のハードなコースを走り確認できて良かった。

 

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/
-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/
-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/
-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/
-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440
-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/
-uvex http://www.uvex-sports.jp/
-ATHLETUNE http://athletune.hayato-kk.com/
-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/
-igname Sports Aroma http://www.igname.net/
-DISSETARE http://www.dissetare.com/
-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/
-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN