読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「 Yasunoriaaca 」 ブログ

2017年から加藤個人のブログに戻ります。更新頻度は?はてさて。。。

ツアー・オブ・ジャパン(Tour of Japan, UCI Asia Tour 2.1)第5ステージ 飯田 123.6km

f:id:yasunori0625:20160603053721j:plain

photo:Satoru Kato

ツアー・オブ・ジャパン

UCI Asia Tour 2.1 5月29日~6月5日)

 

2016.6.2 第5ステージ 南信州 123.6㎞

 

キナンサイクリングチーム出場選手

 

ジャイ・クロフォード

リカルド・ガルシア

ウェズリー・サルツバーガー

マルコス・ガルシア

野中竜馬

阿曽圭佑

 

ツアー・オブ・ジャパン5日目は、長野県飯田市での南信州ステージ。天竜川沿いの厳しいアップダウンがある12.2㎞を10周。計123.6㎞のレースだ。

 

朝からよく晴れたものの、強風が吹き続けた一日。ゴール前1㎞のストレートは向かい風となり、選手を苦しめる。

 

この日も1周目からレースが動く。アタック合戦から4人が先行。3周目に、その中からラヒーム・エマミ(ピシュガマン・サイクリングチーム)が単独で抜け出し、メイン集団に2分前後の差をつけて先行する。

 

レースはハイペースで周回を重ね、中切れなどにより早い段階から遅れたグループが形成される展開が続く。レース中盤の6周目、逃げ続けていたエマミがメイン集団に吸収されると、入れ替わりで内間康平(ブリヂストンアンカー・サイクリングチーム)が単独アタック。メイン集団に3分差をつけて残り2周に突入する。内間の逃げ切りかと思われたが、最終周回終了時には10秒まで差が詰まる。ゴール前1㎞のストレートに内間は先頭で入ってきたが、残り600mでメイン集団が吸収。40人ほどの集団でのスプリント勝負となり、ダニエルアレクサンデル・ハラミリョ(ユナイテッドヘルスケア)がステージ優勝した。リーダージャージに変動はなく、前日に続きメヘディ・ソフラビ(タブリーズ・シャハルダリ)が守った。

 

キナンサイクリングチームは、ジャイ・クロフォード、リカルド・ガルシア、マルコス・ガルシア、ウェズリー・サルツバーガーの4人がメイン集団内でレースを進める。終盤、内間吸収のペースアップで集団が割れたが、サルツバーガー以外は前の集団に残り、ジャイ・クロフォードがスプリント勝負に参加して8位。マルコス・ガルシアが14位、リカルド・ガルシアが24位でゴール。タイムを失う事なく翌日に繋げた。サルツバーガーは2分遅れの46位でゴール。野中竜馬は序盤に遅れながらも、一時メイン集団に復帰したが、最後はグルペットで完走。阿曽圭佑はメカトラブルで遅れてしまったが、グルペットで完走している。

 

<第5ステージ美濃 結果>

1位 ダニエルアレクサンデル・ハラミリョ(ユナイテッドヘルスケア) 3時間18分8秒 37.4km/h

 

8位 ジャイ・クロフォード +0秒

14位 マルコス・ガルシア

24位 リカルド・ガルシア 

46位 ウェズリー・サルツバーガー +2分02秒

54位 野中竜馬 +4分20秒

73位 阿曽圭佑 +12分22秒

 

<個人総合順位 第5ステージ終了時>

1位 メヘディ・ソフラビ(タブリーズ・シャハルダリ) 時間分秒

 

17位 ジャイ・クロフォード +1分02秒

25位 マルコス・ガルシア +1分03秒

29位 リカルド・ガルシア +1分13秒

52位 ウェズリー・サルツバーガー +8分53秒

54位 野中竜馬 +15分51秒

79位 阿曽圭佑 +39分27秒

 

 

<選手コメント>

ウェズリー・サルツバーガー
今日はとてもハードだった。登り区間でジャイやマルコスを守って走っていたけど、後半のペースアップで遅れてしまった。本当に厳しかった。

リカルド・ガルシア
毎周回、登りで遅れる選手たちが下り区間で追いついてくる中で、自分は常に遅れることなく上りを走れている。後半の最終局面では10〜15人くらいの先頭集団が出来て下りに入ったけど、やっぱり下りで多くの選手が復帰してきてしまい、ゴールスプリントの時は結構な人数の集団だった。明日へのモチベーションは高いよ。

ジャイ・クロフォード
今日は8位になったけど、集団が大きかったからスプリントが難しかったね。自分の調子は悪くないから明日は頑張るよ。

阿曽圭佑
今日は何度もメカトラで遅れて、原因がわからなかったのでスペアバイクに乗り換えた。気持ちが切れかけたけど、諦めずに明日に繋げられたので気持ちを切り替えます。

 

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/
-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/
-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/
-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/
-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440
-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/
-uvex http://www.uvex-sports.jp/
-ATHLETUNE http://athletune.hayato-kk.com/
-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/
-igname Sports Aroma http://www.igname.net/
-DISSETARE http://www.dissetare.com/
-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/
-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN