読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「 Yasunoriaaca 」 ブログ

2017年から加藤個人のブログに戻ります。更新頻度は?はてさて。。。

ツール・ド・シンカラ 第2ステージ リマプルコタ-タナダタ 119.5㎞

f:id:yasunori0625:20160808093639j:plain

ツール・ド・シンカラ

UCI Asia Tour 2.2 8月6日~8月14日)

 

8月7日 第2ステージ リマプルコタ-タナダタ 119.5㎞

 

キナンサイクリングチーム出場選手

 

ジャイ・クロフォード

リカルド・ガルシア

マルコス・ガルシア

伊丹健治

野中竜馬

阿曽圭佑

 

第2ステージは、スタート直後に3級山岳、後半に2級山岳を2つ越える。2つ目の2級山岳の後は高低差約600mを一気に下り、イスタノバサの王宮の前にゴールする。

 

この日のレースもリアルスタート直後から活発に動く。12㎞地点の3級山岳に向けて、ピシュガマンサイクリングチームが総攻撃を開始。その後形成された8人の逃げに、ピシュガマンサイクリングチーム(以下ピシュガマン)が5人も入るという異例な展開。キナンサイクリングチームからはリカルド・ガルシアがこの逃げに乗る。

 

メイン集団はリーダージャージを擁するデータ#3シスコレーシングチームP/Bスコディを始め、ピシュガマンの逃げを良しとしないチームがまとまって追走。キナンサイクリングチームも、リカルド・ガルシアを逃げに送り込んだものの、ピシュガマンの動きを止めたい事から追走に同調する。

 

逃げ集団とメイン集団との差は20秒から30秒で推移しながらレースは進行。最初の2級山岳に入るまでに逃げ集団を吸収する。

 

その後2級山岳が連続する区間で、ラヒーム・エマミとレザ・ホセイン(ピシュガマンサイクリングチーム)、ジェシー・ジェームズ・エワート(セブンイレブン・サーバRBP)の3人の逃げが決まる。最後はエマミがエワートをスプリントで下してステージ優勝。メイン集団は20秒差でゴール。総合上位勢に大きな変化は起きずに2日目を終えている。

 

キナンサイクリングチームは、総合2位のリカルド・ガルシアをはじめ、ジャイ・クロフォード、マルコス・ガルシア、阿曽圭佑がメイン集団内でゴール。10分ほど遅れた第2集団で伊丹健治と野中竜馬がゴールした。

 

<選手コメント>

伊丹健治

最初の3級山岳後に60㎞/hくらいのハイペースな時間が続いて足を使ってしまった。最初の2級山岳で一度遅れて再度追いついたけれど、2つ目の2級山岳で遅れてしまった。でも、日に日に足が回ってきている実感がある。明日以降もイラン(=ピシュガマンサイクリングチーム)が動いてくるだろうから、彼等の動きには要注意だ。

 

野中竜馬

最初の山岳に入る前のアタック合戦をずっとチェックしていて、登りに入ってからもチェックを続けていたが、それで使い切ってしまって早々に遅れてしまった。2級山岳よりも最初の3級山岳の方がきつかった気がする。

f:id:yasunori0625:20160808093714j:plain

 

<第2ステージ 結果>

1位 ラヒーム・エマミ(ピシュガマンサイクリングチーム)  2時間55分34秒

2位 ジェシー・ジェームズ・エワート(セブンイレブン・サーバRBP) +0秒

3位 レザ・ホセイン(ピシュガマンサイクリングチーム) +8秒

4位 スアン・ピン・スー(アクションサイクリングチーム) +20秒

5位 ハミド・シリシサン(ピシュガマンサイクリングチーム)

6位 サイエ・モホザムリ(トレンガヌサイクリングチーム)

 

23位 リカルド・ガルシア +20秒

24位 ジャイ・クロフォード

28位 マルコス・ガルシア 

34位 阿曽圭佑

75位 野中竜馬 +10分16秒

76位 伊丹健治

 

 

<個人総合順位 第2ステージ終了時>

1位 ダイラン・ニューベリー(データ#3シスコレーシングチームP/Bスコディ) 5時間21分10秒

2位 リカルド・ガルシア +7秒

3位 アミル・コラドウズ・ハギ(ピシュガマンサイクリングチーム) +9秒

 

 

21位 ジャイ・クロフォード +4分44秒

28位 マルコス・ガルシア  

34位 阿曽圭佑

69位 野中竜馬 +14分40秒

72位 伊丹健治

text&photo:Satoru Kato

 

▼8月13日の第8戦、エントリーもう間もなく締め切り!

www.coupedeaaca.com

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/
-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/
-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/
-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/
-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440
-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/
-uvex http://www.uvex-sports.jp/
-ATHLETUNE http://www.athletune.com/
-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/
-igname Sports Aroma http://www.igname.net/
-DISSETARE http://www.dissetare.com/
-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/
-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN