「 Yasunoriaaca 」 ブログ

2017年から加藤個人のブログに戻ります。更新頻度は?はてさて。。。

ツール・ド・シンカラ 第4ステージ パダンパンジャン-アガン 151.6km

f:id:yasunori0625:20160810053543j:plain

リーダージャージを着てスタートサインをするリカルド・ガルシア

 

ツール・ド・シンカラ(UCI Asia Tour 2.2 8月6日~8月14日)

 8月9日 第4ステージ パダンパンジャン-アガン 151.6km

 

キナンサイクリングチーム出場選手

 

ジャイ・クロフォード

リカルド・ガルシア

マルコス・ガルシア

伊丹健治

野中竜馬

阿曽圭佑

f:id:yasunori0625:20160810053605j:plain

4賞ジャージがスタートラインに揃う

 

第4ステージは、コース終盤に標高1200m超の山頂にゴールするツール・ド・シンカラのクイーンステージ。キナンサイクリングチームは、前日に獲得したリカルド・ガルシアのリーダージャージを守る事を第一の目標とし、登りに強いピシュガマンサイクリングチームのイラン勢の動きを警戒しながらレースを進める作戦で臨んだ。

 

スタート直後の2級山岳を越え、海岸沿いの平坦区間までは決定的な動きは起こらず。序盤に2人が飛び出し、その後1人が逃げ続けるが、キナンサイクリングチームが集団をコントロールしながら終盤の登り区間に突入する。逃げが吸収された後、ピシュガマンサイクリングチームの3人が飛び出す。これをジャイ・クロフォードが追走し、マルコス・ガルシアのエスコートでリカルド・ガルシアも続く。しかし、先行するピシュガマンの3人を捕まえる事が出来ず、アミール・コラドウズ(ピシュガマンサイクリングチーム)がステージ優勝。リーダージャージを着たリカルド・ガルシアは、約3分遅れの6位でゴール。総合首位はコラドウズに移った。

f:id:yasunori0625:20160810053635j:plain

スタートを待つキナンサイクリングチームのメンバー

 

<第4ステージ 結果>

1位 アミール・コラドウズ(ピシュガマンサイクリングチーム) 3時間59分13秒

2位 レザ ホセイン(ピシュガマンサイクリングチーム) +14秒

3位 ラヒーム・エマミ(ピシュガマンサイクリングチーム)

4位 ダディ・スリャディ(トレンガヌサイクリングチーム) +1分3秒

5位 ジャン・ジュング(コレイル・サイクリングチーム) +2分30秒

6位 リカルド・ガルシア(キナンサイクリングチーム) +2分52秒

 

21位 マルコス・ガルシア +5分45秒

39位 ジャイ・クロフォード +9分39秒

65位 阿曽圭佑 +16分51秒

82位 伊丹健治 +23分30秒

83位 野中竜馬 +23分30秒

 

<個人総合順位 第4ステージ終了時>

1位 アミール・コラドウズ(ピシュガマンサイクリングチーム) 12時間19分58秒

2位 ダディ・スリャディ(トレンガヌサイクリングチーム) +1分22秒

3位 リカルド・ガルシア(キナンサイクリングチーム) +2分55秒

4位 ラヒーム・エマミ(ピシュガマンサイクリングチーム) +4分31秒

5位 レザ・ホセイン(ピシュガマンサイクリングチーム) +4分44秒

6位 モハンマド・ラジャブルー(ピシュガマンサイクリングチーム) +7分58秒

 

<選手コメント>

リカルド・ガルシア

昨日獲得したリーダージャージをチームとして守る一日だったが、最後の登りでイラン(ピシュガマンサイクリングチーム)の3人に行かれてしまい、ジャージを失ってしまった。でも、この後まだ厳しいステージはあるし、強いチームだから、挽回のチャンスはあるはずだ。ジャージを失った事に落ち込んではいないし、むしろレースコントロールをする必要が無くなったから良かったと思っている。

 

阿曽圭佑

初めてリーダーチームとして闘いましたが、結果としてはリーダーを失いました。でも、今日は序盤に逃げを容認してコントロールし、登りでマルコスとリカルドを行かせるという、作戦通りの展開が出来ました。最後の場面は出来ればもう1人欲しかったところです。今年初めてこの登りを走りましたけれど、44回曲がる事は知っていましたが、勾配もきつくて大変でした。

明日以降はリーダーチームではなくなるので楽に走れると思うし、まだ挽回のチャンスはあるので、しっかり仕事をしていきます。

 

野中竜馬

今日は2人を逃がした後は大きな動きもなく、集団をコントロールしながらゆっくりとレースを進め、登りに入ったところで自分の仕事を終えました。リーダージャージを失いましたけれど、まだ総合3位だし、明日以降はイラン(ピシュガマンサイクリングチーム)がコントロールするので、大幅に順位を落とす事は無くなったのかなと。そういう意味では良い展開なのかなと思います。

f:id:yasunori0625:20160810053810j:plain

観客の写真撮影に応じるジャイ・クロフォード

text&photo:Satoru Kato

 

www.coupedeaaca.com

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/
-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/
-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/
-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/
-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440
-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/
-uvex http://www.uvex-sports.jp/
-ATHLETUNE http://www.athletune.com/
-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/
-igname Sports Aroma http://www.igname.net/
-DISSETARE http://www.dissetare.com/
-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/
-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN