読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「 Yasunoriaaca 」 ブログ

2017年から加藤個人のブログに戻ります。更新頻度は?はてさて。。。

ツアー・オブ・ジャパン(Tour of Japan, UCI Asia Tour 2.1)第2ステージ 京都 105km

f:id:yasunori0625:20160530205022j:plain

photo:Satoru Kato

ツアー・オブ・ジャパン

UCI Asia Tour 2.1 5月29日~6月5日)

 

2016.5.30 第2ステージ 京都 105㎞

 

キナンサイクリングチーム出場選手

 

ジャイ・クロフォード

リカルド・ガルシア

ウェズリー・サルツバーガー

マルコス・ガルシア

野中竜馬

阿曽圭佑

 

ツアー・オブ・ジャパン2日目は初開催の京都ステージ。京都市から南へ車で約1時間ほどの距離に位置する京田辺市と清華町にまたがる1周16.8㎞のコースが舞台となる。高低差150m、短いながらも斜度のある登りや、道幅が細く曲がりくねった下りなど、日本のレースとは思えないような変化に富んだハードなコース設定。レースはこのコースを6周と約半周の105㎞を走る。

 

パレードからリアルスタートが切られて周回コースに入ると、4人の逃げが形成される。メイン集団との差は最大で3分40秒まで開く。レース後半に向けて差は徐々に詰まり、5周目にメイン集団が逃げを吸収。その後散発的な逃げが発生するも、最後はひとつの集団にまとまってゴール勝負へ。僅差のスプリントをダヴィデ・チモライ(ランプレ・メリダ)が制した。個人総合順位は、2位に入ったピエールパオロ・デネグリNIPPO・ヴィーニファンティーニ)が首位に立った。

 

キナンサイクリングチームは、メイン集団内でレースを進め、最後は阿曽圭佑が遅れてしまったものの、6人全員がゴール。落車やパンクが多発したレースだったが、無事ゴールして翌日に繋げている。個人総合順位では、トップから10秒差の22位に野中竜馬、同じく10秒差の23位にリカルド・ガルシアがつけている。

 

<第2ステージ京都 結果>

1位 ダヴィデ・チモライ(ランプレ・メリダ) 2時間49分08秒 37.2㎞/h

 

26位 マルコス・ガルシア +00秒

29 位 ジャイ・クロフォード

32位 ウェズリー・サルツバーガー 

33位 リカルド・ガルシア

51位 野中竜馬 

61位 阿曽圭佑 +4分27秒

 

<個人総合順位 第2ステージ終了時>

1位 ピエールパオロ・デネグリNIPPO・ヴィーニファンティーニ) 2時間52分26秒

 

22位 野中竜馬 +10秒

23位 リカルド・ガルシア +10秒

32位 ジャイ・クロフォード +13秒

40位 マルコス・ガルシア +14秒

45位 ウェズリー・サルツバーガー +16秒

62位 阿曽圭佑 +4分47秒

 

<選手コメント>

阿曽圭佑

みんなもっとガンガン行くのかと思っていたけれど、逃げが早々に決まってペースも落ち着いた。下りも思っていたよりもゆっくりで、インドネシアのレース経験があったおかげでこなす事が出来た。チームは総合上位を狙うメンバーが大きなトラブルなくゴール出来たので良かった。明日は平坦基調なレースだけれど、トラブルなく終わりたい。

 

野中竜馬

登りで総合上位を狙うメンバーの風よけをしたりして走っていたら、気がつけば最後は地味に足にきていて、ゴール勝負に加わる足が残っていなかった。明日は狙っていきたい。

 

リカルド・ガルシア

ハードなレースだった。個人総合のためにもタイム差を失うことは出来ないから、今日は集団の前方を維持しなければならなかった。オスカル・プジョル(チーム右京)が最後に逃げた時もアバンティチームがコントロールに入っていたので落ち着いて見ていた。最後はは集団でまとまってゴールしてタイムを失う事なく終えられたので良かった。

 

ウェズリー・サルツバーガー

テクニカルな下りで難しいコースだった。集団内は常にストップ・アンド・ゴーで安定しなかった。途中、集団が割れる事があったけれど、最後は1つの集団にまとまった。今日はジャイやリカルドの近くにいるように心がけて走った。無事ゴール出来て良かった。

 

ジャイ・クロフォード

今日はこれから待っているハードなステージに比べたらイージーな日だった。無事に終えられて良かった。明日は集団スプリントになると思う。

 

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/
-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/
-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/
-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/
-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440
-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/
-uvex http://www.uvex-sports.jp/
-ATHLETUNE http://athletune.hayato-kk.com/
-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/
-igname Sports Aroma http://www.igname.net/
-DISSETARE http://www.dissetare.com/
-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/
-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN