「 Yasunoriaaca 」 ブログ

2017年から加藤個人のブログに戻ります。更新頻度は?はてさて。。。

ツアー・オブ・ジャパン(Tour of Japan, UCI Asia Tour 2.1)第6ステージ 富士山 11.4km

f:id:yasunori0625:20160603191239j:plain

photo:Satoru Kato

ツアー・オブ・ジャパン

UCI Asia Tour 2.1 5月29日~6月5日)

 

2016.6.3 第6ステージ 富士山 11.4㎞

 

キナンサイクリングチーム出場選手

ジャイ・クロフォード

リカルド・ガルシア

ウェズリー・サルツバーガー

マルコス・ガルシア

野中竜馬

阿曽圭佑

 

ツアー・オブ・ジャパン6日目は、富士山ステージ。毎年このステージで綜合優勝の行方が見えてくる重要なステージ。キナンサイクリングチームも、この富士山ステージを重視し、シーズン当初から準備してきた。

 

コースは、ふじあざみラインの11.4㎞。通常の国際レースではあり得ない短距離のレースではあるが、標高差1200m、平均斜度10%、最大22%という激坂を登り続けるヒルクライムステージだ。特に後半は平均18%の登りが続き、力ある者だけをふるい落とす。

 

午前10時にスタートしたレースは、中盤を過ぎて動き出す。昨年優勝したミルサマ・ポルセイエディゴラコール(タブリーズ・シャハルダリ)らイラン勢がペースをつくり、集団の人数を絞っていく。その後4人ほどが先行したところに、キナンサイクリングチームのマルコス・ガルシアら2人が追いつく。残り4㎞地点で、オスカル・プジョル(チーム右京)がアタック。これにイラン勢は反応できず、差は一気に30秒まで開く。マルコスが追走のペースを作る場面も見られたが、その後も差は開き、プジョルが先頭のままゴール。1分弱の遅れでマルコスが2位となった。

 

リカルド・ガルシアが2分55秒遅れの16位、ジャイ・クロフォードが5分45秒遅れの29位でゴール。阿曽圭佑、ウェズリー・サルツバーガー、野中竜馬の順にゴールして、全員翌日の伊豆ステージに進めた。

 

この結果、マルコスが個人総合順位で2位に浮上。チーム総合順位も、前日の6位から3位に上がった。

 

<第6ステージ富士山 結果>

1位 オスカル・プジョル(チーム右京) 38分48秒 17.6km/h

2位 マルコス・ガルシア +56秒

3位 ミルサマ・ポルセイエディゴラコール(タブリーズ・シャハルダリ) +1分10秒

 

16位 リカルド・ガルシア +2分55秒

29位 ジャイ・クロフォード 5分45秒

52位 阿曽圭佑 +10分32秒

62位 ウェズリー・サルツバーガー +13分09秒

80位 野中竜馬 +15分17秒

 

<個人総合順位 第6ステージ終了時>

1位 オスカル・プジョル(チーム右京) 13時間37分48秒

2位 マルコス・ガルシア +1分05秒

3位 ミルサマ・ポルセイエディゴラコール(タブリーズ・シャハルダリ) +1分14秒

 

16位 リカルド・ガルシア +3分14秒

24位 ジャイ・クロフォード +5分25秒

53位 ウェズリー・サルツバーガー +21分08秒

54位 野中竜馬 +30分14秒

79位 阿曽圭佑 +49分05秒

 

<選手コメント>

マルコス・ガルシア

自分のパフォーマンスとチームのサポートがとても嬉しい。でも少し残念なのは、今日勝てなかった事。プジョルはまだ僕より強かった。明日はトライするよ。

 

リカルド・ガルシア

今日はものすごくきつかった。スタートしてすぐに30人くらいの先頭集団になって、ペースも速くてそこからどんどん選手が遅れていく展開だった。たまらず遅れてしまったけれど、先頭の小さなグループが見えるところで走っていた。調子は悪くない。マルコスが2位でチーム総合も3位になったし、良い一日になった。

 

ジャイ・クロフォード

今日は自分にとっては失敗した日になってしまった。今までのステージでアシストしてくれた野中、阿曽、ウェズに恩返しが出来なくて本当に申し訳ない。でもチームに個人総合2位のマルコスがいる事はとても素晴らしい事。チームの成長のためにも良い結果で満足している。

 

阿曽圭佑

今日は、明日しっかり仕事をするためにセーブして走った。みんなに走る前から今日はすごいよって脅かされていたけれど、上げ過ぎないペースで淡々と登ったので、イジェンよりは楽に感じた。明日は全てのチームの攻撃を封じ込めるくらいの意気込みでいきたい。

 

ウェズリー・サルツバーガー

今日はみんなベストを尽くしたと思う。スタート時にジャイがペダルにクリートをはめるのに手間取っていたから、その後集団前方に送り込むためにフォローした。我々はチーム総合3位で、日本登録チーム最上位だ。熊野にはもっと良い状況で臨めると思う。

 

野中竜馬

今日は明日の事を考えたペースで登ったけれど、それでもきつかった。明日はイラン勢が総攻撃を仕掛けてくるだろうけれど、個人総合2位キープが最低目標。でも狙うのは逆転だ。

 

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/
-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/
-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/
-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/
-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440
-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/
-uvex http://www.uvex-sports.jp/
-ATHLETUNE http://athletune.hayato-kk.com/
-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/
-igname Sports Aroma http://www.igname.net/
-DISSETARE http://www.dissetare.com/
-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/
-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN