読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「 Yasunoriaaca 」 ブログ

2017年から加藤個人のブログに戻ります。更新頻度は?はてさて。。。

第 50 回 JBCF 西日本ロードクラシック 広島大会 Day-1

f:id:yasunori0625:20160702155156j:plain

第 50 回 JBCF 西日本ロードクラシック 広島大会 Day-1 地元凱旋の野中竜馬が終盤に見せ場を作り、次戦につなぐ

3rd July 2016

●第 50 回 JBCF 西日本ロードクラシック 広島大会 Day-1 2016年7月2日開催
12.3km × 6 周回

● KINAN Cycling Team 出場選手

阿曽圭佑

伊丹健治

阿曽光佑

野中竜馬

中西重智

国内最高峰のロードレースシリーズ、J プロツアーの今季第 8 戦「第 50 回 JBCF 西日本 ロードクラシック 広島大会」は、Day-1 のレースを 7 月 2 日に実施。5 選手が出場した KINAN Cycling Teamは、終盤に見せ場を作った野中竜馬がチーム最高の15位でフィニッシュした。

レースは『広島県中央森林公園』内に設けられた、12.3km の周回コースで行われた。起 伏に富み、名物の「三段坂」はその名の通り、3 つの坂が立て続けに現れる難所。特に 3 つ目の坂は最大勾配 13 %と、レースをサバイバル化するには最適なポイントでもある。

今大会は 2 日間にわたって行われ、Day-1 は 6 周回・73.8km で争われた。KINAN 勢は 野中のほか、阿曽圭佑、伊丹健治、阿曽光佑、中西重智が参戦。野中にとっては、地元・ 広島での凱旋レースでもある。

スタートから逃げ狙いのアタックが散発したが、1 周回目の終わりから 2 周回目の前半に かけて約 10 人が先行したことで、集団がより活性化。この動きに野中が反応するが、いずれの選手も逃げグループ形成には至らず、一旦集団に吸収される。しかし、直後に 4 人が飛び出しに成功。力のある選手たちが先頭集団を作ったが、メイン集団のペース上がらず、前を行く 4 人を容認する格好となった。

中盤は KINAN 勢がメイン集団のペースメイクを担う場面もあったが、有力チームの選手 によるアタックもあり、ペースが一定しない。一方で、逃げる 4 人は快調にリードを広げ、4 周回目には 1 分 35 秒差となった。

5 周回目に入り、わずかなチャンスにかけるべくメイン集団のペースが上がり、徐々にタ イム差が縮小する。その差 1 分 15 秒でラスト 1 周の鐘を聞いた。

最終局面を前に力を発揮したのが、阿曽圭佑。メイン集団の先頭に立ち、猛然と牽引。先 頭 4 人との差をぐんぐん縮める。そして、三段坂で先頭へのブリッジを狙ったアタック合 戦が始まる。今度はこの動きに野中が対応。野中を含む 4 人の追走グループが前を追う。 下り区間で野中がペースアップを図る場面もあったが、メイン集団がそれを許さず、いずれの選手も吸収されてしまった。

結局、レース前半から逃げ続けた 4 人がそのまま優勝をかけたスプリントに。最後は増田 成幸選手(宇都宮ブリッツェン)が、僅差で中根英登選手(愛三工業レーシングチーム) をかわし優勝。その後方でメイン集団による上位争いのスプリントが繰り広げられ、野中 が 15 位でフィニッシュした。

そのほか、KINAN 勢は献身的な走りを見せた阿曽圭佑が 51 位、中西が 54 位、阿曽光佑 が 58 位、体調不良を押して臨んだ伊丹は翌日のレースに備え、中盤でリタイアしている。

他チームと比較し、少ない人数での参戦となっているKINAN Cycling Teamだが、でき うる限りの戦いぶりを見せ、次戦につながる走りとなった。今大会の Day-2 は 7 月 3 日、 同会場にて行われる。距離が伸び、12 周回・147.6km で争われ、KINAN 勢は Day-1 と 同じメンバーで参戦する。

第 50 回 JBCF 西日本ロードクラシック 広島大会 Day-1(12.3km × 6 周回)結果

1 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) 1 時間 47 分 29 秒
2 中根英登(愛三工業レーシングチーム) +0 秒
3 ホセビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ) +0 秒

4 阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン) +1 秒
5 吉田隼人(マトリックスパワータグ) +6 秒
6 ベンジャミン・プラデス(チーム UKYO) +7 秒
7 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン) +7 秒
8 サルバドール・グアルディオラ(チーム UKYO) +7 秒
9 早川朋宏(愛三工業レーシングチーム) +8 秒
10 ロイック・デリアック(ニールプライド南信スバルサイクリングチーム) +8 秒

13 野中竜馬(KINAN Cycling Team) +15 秒
51 阿曽圭佑(KINAN Cycling Team) +3 分 47 秒
54 中西重智(KINAN Cycling Team) +7 分 10 秒
58 阿曽光佑(KINAN Cycling Team) +7 分 56 秒
DNF 伊丹健治(KINAN Cycling Team)

●選手コメント

野中竜馬
「ラスト 1 周でアタックした局面も、前を追うために下り区間で自ら牽いた場面も、力を使いきらず、余力を残しながらチャンスをうかがった。結果的に勝負に絡むことはできなかったが、調子のよさを実感できたレースとなった。全日本選手権以降も充実した練習ができ、よい流れで今大会を迎えている。

ラスト 1 周で(阿曽)圭佑の牽きがよくて、そのおかげで三段坂でのアタックができた。 レース展開次第では、圭佑にも勝つチャンスがかなり高い確率でめぐってくると思うし、 Day-2 も圭佑か僕かどちらかで勝利を狙っていけるよう組み立てたい」

text&photo:Syunsuke FUKUMITSU

 

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/
-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/
-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/
-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/
-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440
-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/
-uvex http://www.uvex-sports.jp/
-ATHLETUNE http://www.athletune.com/
-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/
-igname Sports Aroma http://www.igname.net/
-DISSETARE http://www.dissetare.com/
-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/
-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN