「 Yasunoriaaca 加藤康則」 のブログ

2017年から加藤康則の個人ブログに戻ります。更新頻度は?はてさて。。。

選手として

今回はキナンサイクリングチームが必要とする選手とは?を少し掘り下げてみます。

 

まず、自分から動いてチーム側にコンタクトをとってもらう必要があります。

それが自分の意思でできるかどうかという点でも本気度を図っています。

プロの厳しい世界で本当にチームに加入したいかどうか、本人の気持ちの強さが競技そのものへの取り組み方にも大きく影響すると考えているからです。

プライドも何もかもかなぐり捨てて、とにかく加入したいという意思をこちらに伝える気持ちの強さをまずは最初の指標としています。

 

その上で、キナンサイクリングチームで選手として求められる資質を少し抽象的な表現となってしまいますが挙げていきましょう。

 

競技者として現状よりも向上する気持ちが強いかどうか。

ファンサービスに積極的に取り組めるかどうか。

外国人選手や他の日本人選手とコミュニケーションを取っていけるかどうか。

常に自分を見つめ直す謙虚さがあるかどうか。

何よりもスポンサー企業に対して感謝し、恩返しする姿勢があるかどうか。

 

こんなところでしょうか。

 

実はキナンサイクリングチーム側からお声がけして入団を勧めることは、開設初年度こそ行いましたが、2年目以降は行って来ていません。

現在、加入してくれている選手たちは全て自分の意思で、チーム側にコンタクトを取って来てくれた選手たちです。

 

レースと同じ。

チャンスは自分から掴みに行かなければならない。

 

これは私の持論でもあります。

 

ぜひ、行動に移してみてください。

面談には気軽に応じています。

 

以下、少し将来の展望など。

 

本来はこう行った入団にかかる業務をエージェントが、中間に立って取り持つのがメジャースポーツでは一般的ですよね。

このスポーツの国内プロの待遇が良くなり、エージェントが仕事として成立する業界を目指して、キナンサイクリングチームはレースにイベントに全力で取り組んでいます。

そんなチーム理念に共感してくれる選手であればなおのこと嬉しいですね。

 

今日はここまで。

ようやく

随分とあきましたねぇ。

 

今回は日本におけるサイクルロードレースの立ち位置というか、置かれている環境について、僕個人がどう考えているか少し触れてみたいと思います。

 

プロ選手。

 

響は華やかですが、現実は違います。

 

街ゆく人々にサイクルロードレースのプロ選手って知っていますか???と訪ねても残念ながらまだまだプロ野球選手やサッカー選手ほど認知はされていません。

先日、イチロー選手の引退が大々的に取り上げられていましたが、残念ながらサイクルロードレースの選手であそこまで特集を組んでもらえる選手は皆無でしょう。

プロ選手として認知され注目してもらえるメジャースポーツとは違い、まだまだ業界全体が一般の人々に認知される為の努力をしなければならない状態です。というか今までと同じではなく、今までよりももっともっと一般の人々に認知される為の努力を継続し続けなければ、自転車競技には衰退の未来しか待っていないんです。

まぁ、何をもって衰退or発展とするのかの議論はここでは割愛しますね。

「若いみなさんが憧れるサイクルロードレースのプロ選手を想像してみてください」というとまず最初に上がってくる名前は本場ヨーロッパの選手たちではないでしょうか?

 

サガンやフルームといった有名な選手に憧れるのは自然な流れでしょう。

 

ヨーロッパ神話(皮肉も含めてこう表現します)

 

一部では本場のヨーロッパで通用しないならば競技なんか辞めてしまえなんていう考え方も聞いたりします。

潔くて素晴らしい考え方かもしれません。

しかし、日本のサイクルロードレースの未来、業界の未来を考えた時にもしもそのまま競技を辞めて全く別の(自転車とは縁も所縁も無い)業界に行ってしまったら。。。

そんな勿体無いことはないと考えています。

それぞれがそれぞれの人生を歩む権利が、自由に選択できる権利がありますので、こちらからとやかくいうことはできませんが、それでもそういった全く違う世界に旅立って行った選手も多く見てきました。

 

個人的にはそんな流れではなく、この業界にそのまま留まって素晴らしい経験を次の世代につないでいける、そんな業界にとって有難い流れがもっともっと増えていくことを願っています。

 

なぜってこれから日本人の誰も経験したことのない、人口減の時代がやってくるんです。

全てのスポーツ間で子供の取り合いが、すでに始まっているんです。

 

いかに優秀な人材がこの業界に入ってきてくれるか?留まってくれるか?

 

サイクルスポーツの業界全体で真剣に取り組んでいかなければなりません。

 

今日はここまで。

 

次回はキナンサイクリングチームが必要としているプロ選手のあり方について触れていこうと思います。

 

 

 

ツールドおきなわへ

ブログ更新、怠ってました。。。

 

やっと再開です。

 

もう11月ですね。

残すところ今年もあと2ヶ月を切って来ました。

 

この時期になるとチームに残るメンバーと去るメンバーに分かれます。

これはどこのチームにあってもこの時期、避けては通れない行事です。

 

今年一年間、チームに関わってくれた選手、スタッフのみんなに、まずは心からの「有難う」をこの場でお伝えします。

縁あってKINAN Cycling Teamに所属し、個々の様々な思いはあれど、多くの場面に置いてチームの活動に貢献してくれた選手、スタッフのみんなに最大限の敬意を評します。

 

チームのみんなとの様々な思い出はとても感慨深く、個人的な情で流されそうになるところをぐっと堪えて、毎年、毎年、来季のメンバー選定をしなければなりません。

 

私の立ち位置はあくまでコンチネンタルチームの運営責任者。

 

様々な個性が集まる一つの集合体であるチーム、それぞれがそれぞれの役割を全うし、補い合って成り立つチーム。

複雑な要素を様々な角度から見て全体を把握し、限られた予算の中で最大限の成果を成し遂げられるチームを作らなければなりません。

 

マイナースポーツのプロチームというものは、世間に対して他のメジャースポーツと比べ露出も大幅に少なく、出資をしてくださる企業様にとってみれば、広告価値で換算した際には、明らかに費用対効果の低い存在であることは否めません。

だからこそスポンサー、サプライヤー様のご意向を明確に汲み取り、成績という形だけではなく、プラスアルファの付加価値をチームとして、世間様に様々な形でご提供できなければ、やがてチームそのものの存在意義を問われ、運営そのものができなくなる可能性を常に孕んでいます。

そんな吹けば飛ぶような存在のチーム運営ももうすぐ4年目が終了します。

 

最近はいろいろと思うところがあり。。。

 

これから何回かに分けて選手として何がチーム側から求められているのか、何が現在の日本の自転車ロードレースの業界で求められているのか、そしてどんな選手が最終的に必要とされているのか、少しシリアスな部分も含めて書いて行こうと思います。

ほんの少しでもこれからプロ選手を目指す若者へ届けば、嬉しいです。

 

ひとまず、これから沖縄へ飛びます。

 

ツールドおきなわが終わったら、みんなで笑えますように!

 

下の写真は熊野古道ヒルクライムにて。

https://www.instagram.com/p/BpvZBgPlpic/

登ってきました熊野古道ヒルクライム!登って見えた景色の素晴らしさといったら!最高でした!頑張って登った甲斐がありました!#熊野古道ヒルクライム #kinancyclingteam #gokinanguys

地震→停電→いなヴェロ→KINAN AACA CUP

https://www.instagram.com/p/BnYQYnDBCrl/

地震後、最初の食事in北海道#地震 #ツールド北海道2018#停電中 #kinancyclingteam #gokinanguys

https://www.instagram.com/p/BnYR8wlBRJI/

日が暮れました。#ツールド北海道#kinancyclingteam #gokinanguys

https://www.instagram.com/p/BnZZsKMhHcO/

電気来たー!#停電してました #丸々1日 #あらためて感謝の気持ちでいっぱい #お風呂に入れる幸せ #kinancyclingteam #gokinanguys

https://www.instagram.com/p/BniQeYmBx65/

北海道から戻ります。#kinancyclingteam #gokinanguys

https://www.instagram.com/p/BnySVDthHE7/

いなべヴェロフェスタ、ご参加の皆様、スタッフ、関係者、いなべ市の皆様、大きな事故も無く、無事に終了できましたのも皆様のご支援のおかげ様です。ありがとうございました!#kinancyclingteam #gokinanguys #いなヴェロ #いなべヴェロフェスタ

https://www.instagram.com/p/BoAmKTQFOGP/

晴れてきました!#kinanaacacup

ここ数日

https://www.instagram.com/p/Bm-z4V1hyE_/

今日はいつもお世話になっているIRCタイヤでおなじみの井上ゴム工業様とお打ち合わせ!井上社長、いつもありがとうございます😊#irctire #kinancyclingteam #gokinanguys #井上ゴム工業

https://www.instagram.com/p/BnGk1RxBxBL/

周回賞を受け取りに#いつもありがとうござます #kinancyclingteam #gokinanguys #ignamesportsaroma #kinanaacacup

https://www.instagram.com/p/BnQ6d4tBAkV/

今日はNHKのラジオ出演でした。#いなべ市 #いなべヴェロフェスタ #kinancyclingteam #gokinanguys #こんま亭 #緑香園 #旅ラジ #nhkラジオ

なかなか更新できなくて

https://www.instagram.com/p/Bk6rcBThXbP/

今日はここ!KINAN AACA CUP第7戦中止はとても残念でした。#kinanaacacup #今日も雨☔️ #kinancyclingteam #gokinanguys #記録的な大雨 #天気には勝てない #新城市

https://www.instagram.com/p/BlNUK8ah5Qb/

今日はこちらでお世話になります!#jsports #tourdefrance #kinancyclingteam #gokinanguys

https://www.instagram.com/p/BlcgBqShc__/

今日はここでお世話になります!夜はキナンサイクリングチームの選手たちによるトークショー!よろしくお願い致します!#yanocro #championsystem #kinancyclingteam #gokinanguys #全日本祝勝会

https://www.instagram.com/p/BlcgeRjBVJx/

シクロワイヤードさんの取材スタート#yanocro #championsystem #kinancyclingteam #gokinanguys #cyclowired

https://www.instagram.com/p/BmSFlrHBRz2/

周回賞を受け取りにイナーメスポーツアロマの小嶋さんのところへ。いつもチーム共々、お世話になっています!#kinancyclingteam #gokinanguys #ignamesportsaroma#kinanaacacup

https://www.instagram.com/p/BmZ7nFWBcRt/

土曜日は、なんだか久しぶりの長良川でのKINAN AACA CUPでした!ご参加くださった皆様、スタッフ関係者の皆様、ありがとうございました!#kinancyclingteam #gokinanguys #kinanaacacup #athletune #暑すぎた #熱中症大丈夫でしょうか

全日本選手権タイトルを獲得

https://www.instagram.com/p/BkZ-_NoBTLL/

全日本チャンピオン!ありがとう!!!!!#KINANCyclingTeam #goKINANguys#全日本ロード

https://www.instagram.com/p/BkajM9fhC3p/

最高のメンバーと最高のひととき#福光さん、森川さん、ごめんなさい#興奮しすぎて寝れない #みんなに感謝 #kinancyclingteam #gokinanguys

https://www.instagram.com/p/BkgtYMXhiJI/

新城市穂積市長に表敬訪問#お忙しいところありがとうございました #kinancyclingteam #gokinanguys


全日本選手権、山本元喜が初のタイトルを獲得!

キナンサイクリングチームとしてもエリートのナショナルチャンピオンは創設四年目にして初のタイトル!


頑張った選手たちだけでなく、関わったスタッフみんな、全員で勝ち取った全日本タイトルでした。


スタッフ全員の日頃の頑張りに最高の形で応えてくれた選手たちに感謝です。


元喜、雄大が逃げての終盤の立ち回りは先日の宇都宮ロードでの反省をしっかりと活かしての見事な連携。

そしてもしも逃げが捕まっても好調のナカジ、健児、アマタツが集団で控えるといった形で、素晴らしいチームプレーをそれぞれが果たした結果だと思います。

ここまで積み上げてきた信頼関係の集大成が全日本選手権で見られる幸運具合に自分自身、元喜がゴールする瞬間まで、夢を見ているような不思議な感覚にとらわれて、ゴールラインに集まるスタッフの元にかけよる余裕すらなく、ただただチームピットで待つことしかできなかった情けなさ。


個人的には翌日が誕生日ということもあり、全日本選手権の日の夜の祝勝会では、勝った元喜だけじゃなくて僕にもケーキを用意してもらって、なんだか便乗祝い的で申し訳なく思いながらも、今まで生きてきたな中でトップクラスに思い出深い誕生日を迎えることができました。


全日本タイトルという最高の誕生日プレゼントくれた、選手、スタッフ、チームメンバー全員に感謝です。心からありがとうございました😊