読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琵琶湖一周サイクリングイベント

f:id:yasunori0625:20161130101839j:plain

琵琶湖一周サイクリングイベントの参加者の皆様と

 

12/26の土曜日にカトーサイクル | KATO CYCLEさんの毎年恒例行事、琵琶湖一周サイクリングイベントが開催され、キナンサイクリングチームの選手たちも琵琶湖湖畔のサイクリングを楽しんだ。

 

翌日に予定されていたクエスト日進さんのサイクリングイベントにも参加させて頂く予定でしたが、あいにくの悪天候のため残念ながら中止となりました。

 

まだまだ、選手たちはオフを満喫させていただいております。

 

ご参加の皆様、お疲れ様でした!

ご一緒させて頂きありがとうございました!

また来年も宜しくお願い致します。

 

クエスト日進さんのイベントは残念でしたが、12/6に平日参加可能な方々だけでリベンジするようです。

お休み取れる人は、ぜひどうぞ!

 

モリコロパークでクリスマスライドはいかがですか!?

HOME - morikoro-velofesta ページ!

f:id:yasunori0625:20161008221046j:plain

 

 

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/

-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/

-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/

-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/

-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440

-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/

-uvex http://www.uvex-sports.jp/

-ATHLETUNE http://www.athletune.com/

-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/

-igname Sports Aroma http://www.igname.net/

-DISSETARE http://www.dissetare.com/

-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/

-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN

KINAN COUPE DE AACA 第 11 戦

f:id:yasunori0625:20161120133010j:plain

text&photo:Syunsuke FUKUMITSU

 

KINAN COUPE DE AACA 第 11 戦

慶應義塾大学・大前翔選手がスプリントで最終戦を飾る

●KINAN COUPE DE AACA第11戦 91.8km(5.1km × 18 周回)

22nd September 2016

 

● KINAN Cycling Team 出場選手

伊丹健治

阿曽光佑

野中竜馬

中西重智

東海地方で開催されるロードレースシリーズ「KINAN COUPE DE AACA」は11月20 日、2016 年シーズンの最終戦となる第 11 戦を岐阜県海津市国営木曽三川公園 長良川 サービスセンター前特設コースで行った。メインの 1-1 クラス(91.8km、5.1km × 18 周 回)は、序盤と終盤にアタックの応酬となったが、最後はスプリントで決着。大前翔選手 (慶應義塾大学自転車部)がシリーズ初参戦ながら初勝利を挙げた。

年始から月 1 回のペースで実施してきた今シリーズは、この第 11 戦で今シーズンの最後 を迎えた。昼を前後して雨が降ったり止んだりのコンディションとなり、1-1 クラスは部分的にウェットな路面状況の中でスタートを切った。

ホストチームのKINAN Cycling Teamからは、伊丹健治、阿曽光佑、野中竜馬、中西重 智の 4 選手が出場。今年限りでの現役引退・退団が決まっている伊丹、阿曽、中西の 3 選 手にとっては、チームジャージを着て臨むレースとしては今戦が最後となった。

積極的なレース展開をテーマとするレースシリーズだけあって、毎回スピード感溢れる勝負となる。本来であればシーズンオフであるこの時期でも出場選手たちのスタンスは変わらず、逃げを狙ってのアタックが次々と生まれた。

2 周回目には、今年の UCI ロード世界選手権ジュニア代表の蠣崎優仁選手(伊豆総合高校 / EQADS)ら 3 人が、3 周回目には永山貴浩選手(ACO)が、4 周回目には豊田勝徳選手(イナーメ信濃山形)が飛び出しを図り、そのたびに全体のペースが上がる。逃げを決めるまでには至らないが、プロトンの活性化につなげた。

そうした流れから、7 周回目後半から 8 周回目にかけての動きで逃げが決まる。永山選手、 林祐作選手(名古屋高校)のほか、KINAN 勢からは中西が加わる。さらに、メイン集団 から豊田選手がブリッジを仕掛け、前を行く 3 人に合流。4 選手が中盤にかけてレースを 先行した。

f:id:yasunori0625:20161120144036j:plain

快調に飛ばす先頭 4 人。メイン集団の動きが緩んだこともあり、タイム差を 40 ~ 45 秒に 広げることに成功。しばし優位にレースを展開する。10 周回を過ぎたあたりから、メイン集団でもペースアップを狙って数選手が立て続けに前方をうかがうが、タイム差を一気 に縮めるまでには至らない。

それでも、人数に勝るメイン集団が後半にかけてスピードを上げた。みるみる間に前を走る 4 人との差をつめていき、ラスト 5 周回を迎えようかというタイミングでキャッチ。勝負をふりだしに戻した。

終盤にかけてレースの主導権を握ったのは、慶応義塾大勢。大前選手に加え、畑頌聡選手 が 2 人で逃げ、他のメンバーがメイン集団のペースをコントロールするなど、参戦した 4 選手での連携を開始。残り 3 周回で集団に捕らえられたものの、果敢にレースを動かした。

その後は森崎英登選手(愛知産業大学工業高校)や永山選手らがアタックを仕掛けるが、 決定打とはならず。戦いの行方は、集団でのスプリントにゆだねられた。

最終局面を前に、プロトンではいくつものラインが形成される。数的優位な慶応義塾大勢 に加え、蠣崎選手、橋本英也選手(NIPPO Racing Project)といった実力者も前方へと姿 を現す。KINAN 勢は中西と阿曽が好ポジションを確保。最後のコーナーを過ぎて、いよいよスプリントを開始。

f:id:yasunori0625:20161120155059j:plain

上り基調となる最後の直線でグングン加速したのは大前選手。持ち前のスプリント力を見せ付けた。同様にフィニッシュ前での強さを見せる蠣崎選手も追ったが、スピードに乗った大前選手には届かず。バイク 1 台分の差をつけて優勝を決めた。終盤に大前選手とレースを動かした畑選手も 5 位でフィニッシュ。大学生や高校生の好走が光った。

なお、全 11 戦の上位ポイントを合計して競うシリーズランキングでは、野中の 1 位が決定。年間表彰は、12 月 25 日に愛知県長久手市愛・地球博記念公園(モリコロパーク) で行われる「ヴェロフェスタ 2016 in モリコロパーク」で実施される。

2016 KINAN COUPE DE AACA 第 11 戦 1-1 クラス(91.8km、5.1km × 18 周回)結果

1 大前翔(慶應義塾大学自転車部)

2 蠣崎優仁(伊豆総合高校/ EQADS)

3 橋本英也(NIPPO Racing Project)

4 阿曽光佑(KINAN Cycling Team)

5 畑頌聡(慶應義塾大学自転車部)

2016 KINAN COUPE DE AACA ポイントランキング(確定)

1 野中竜馬(KINAN Cycling Team) 1232pts

2 ジェゾン・ヴァラド(ニールプライド・南信スバルサイクリングチーム) 768pts

3 中村龍太郎(イナーメ信濃山形) 512pts
3 山本雅道(シエルヴォ奈良 MIYATA-MERIDA レーシングチーム) 512pts

f:id:yasunori0625:20161120120443j:plain

■参加者からの質問攻めに選手たちはタジタジ!? 大好評のレーススキルアップ講座 KINAN Cycling Team の選手が講師を務める、レーススキルアップ講座。レース前後のライダーたちがその場で無料参加でき、すぐに実践できるのが大きな魅力だ。

シーズン最後の機会として、この日は参加者と選手たちによるフリートークが実現。伊丹が進行役を務め、自由に質問を受け付けた。

レース前後のコンディション調整や、日々のトレーニングに関する疑問についてはもちろんのこと、なかには通常では聞くことのできない選手のプライベートにまで突っ込んだ内容に。まさかのクエスチョンに選手たちがタジタジとなる場面も見られた。

大好評の講座は、来シーズンも行っていく。参加者や参加希望者の声を大切にしつつ、よ り実践的な内容を届けていく運びだ。

 

モリコロパークでクリスマスライドはいかがですか!?

HOME - morikoro-velofesta ページ!

f:id:yasunori0625:20161008221046j:plain

 

 

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/

-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/

-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/

-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/

-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440

-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/

-uvex http://www.uvex-sports.jp/

-ATHLETUNE http://www.athletune.com/

-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/

-igname Sports Aroma http://www.igname.net/

-DISSETARE http://www.dissetare.com/

-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/

-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN

 

KINAN Cycling Team ファン感謝祭開催

f:id:yasunori0625:20161119165703j:plain

選手・スタッフ・参加者一同で記念撮影

f:id:yasunori0625:20161119163119j:plain

今シーズン限りでの退団が決まっている阿曽光佑に花束が贈られる

f:id:yasunori0625:20161119163851j:plain

抽選会での当選品を手に笑顔の参加者

 

 

text&photo:Syunsuke FUKUMITSU

 

KINAN Cycling Team ファン感謝祭開催

食事をしながらの歓談や抽選会などでファンと選手が交流

19th November 2016

● KINAN Cycling Team ファン感謝祭

2016年11月19日開催

和歌山県および三重県、愛知県と広域を拠点とする UCI(国際自転車競技連合)コンチネ ンタルチーム、KINAN Cycling Teamは11月19日、愛知県名古屋市でファン感謝祭を開催。熱い応援でチームを支えてくださるファンに日頃の感謝を述べると同時に、2016 年シーズンの活動報告を行った。

発足2年目となった今年、KINAN Cycling Teamは目標としていたUCIアジアツアーで の継続的なポイント獲得のほか、最大のターゲットだったツール・ド・熊野でチーム総合 1 位を 収めるなど、初年度以上の成果を残した。こうした活動の支えとなったのは、レース会場 や SNS を通じて声援を送ってくださるファンの存在であり、今シーズンの戦いが一段落ついたこの時期に、選手・スタッフがそろって感謝の気持ちを届ける場を設けた。

選手ではキャプテンのジャイ・クロフォードを筆頭に、リカルド・ガルシア、マルコス・ ガルシア、野中竜馬のほか、今年限りで引退・退団する伊丹健治、中西重智、阿曽光佑が出席(阿曽圭佑は欠席)。そのほか、チームスタッフも顔をそろえた。

会は、加藤康則ゼネラルマネージャーによる乾杯の音頭に始まり、食事をしながらしばしの歓談。その間、ホスト役の選手・スタッフは各テーブルを回って、参加者との交流に努めた。

後半には、今シーズンの活躍の軌跡をまとめたムービーが上映され、選手たちの勇姿にたびたび歓声が上がった。そして、お楽しみの抽選会ではフルクラムやフィジークのカワシマサイクルサプライ様から提供されたアイテムや、チームグッズ、今年出場した大会の記念品などが出品され、出席したファンを喜ばせた。さらには、石田哲也監督とのジャンケンに勝った人には、チーム主催レースである 「KINAN COUPE DE AACA」来シーズン分の随行車両乗車権や、最終周回の合図であるジャンを鳴らす権利が授与されるなど、ユニークなプレゼントも用意された。

終始和やかに行われたチームとファンの交流イベント。参加者からはファンクラブ開設を熱望する声や、広報へのリクエストも多く寄せられ、2017 年シーズンでのチーム活動の活性化を約束する場ともなった。

 

 

次回チーム活動

11月20日 KINAN COUPE DE AACA 第11戦

 

モリコロパークでクリスマスライドはいかがですか!?

HOME - morikoro-velofesta ページ!

f:id:yasunori0625:20161008221046j:plain

 

▼11/20の最終戦、当日エントリー若干名可能です!

www.coupedeaaca.com

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/

-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/

-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/

-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/

-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440

-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/

-uvex http://www.uvex-sports.jp/

-ATHLETUNE http://www.athletune.com/

-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/

-igname Sports Aroma http://www.igname.net/

-DISSETARE http://www.dissetare.com/

-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/

-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN

ツール・ド・おきなわ 2016

f:id:yasunori0625:20161113153435j:plain

text&photo:Syunsuke FUKUMITSU

 

ツール・ド・おきなわ 2016 積極策が実ったジャイが 2 位に入り UCI ポイント獲得

13th November 2016

ツール・ド・おきなわ 2016 2016年11月13日開催

●出場選手
ジャイ・クロフォード
リカルド・ガルシア マルコス・ガルシア 野中竜馬
中西重智

国内で開催される UCI 公認レースとしては最後を飾る、ツール・ド・おきなわ 2016(UCI アジアツアー2016)が11月13日に行われ、KINAN Cycling Teamはキャプテンのジャイ・クロフォードが 2 位でフィニッシュ。優勝こそ逃したものの、積極的な攻撃が実り貴重な UCI ポイント獲得につなげた。

UCI アジアツアーは、すでに 2017 年の対象レースが始まっている。ツール・ド・おきなわも例外ではなく、ここで得た UCI ポイントが来シーズンのビッグレース出場への大きな意味合いを持つ。また、このレースはシーズン最終盤に行われるが、210km という長丁場でのレースでもあり、百戦錬磨の選手たちといえども攻略するには一筋縄ではいかない難しさがある。そんな過酷な戦いに、KINAN Cycling Team からはジャイをチームリーダーに、リカルド・ガルシア、マルコス・ガルシア、野中竜馬、中西重智が挑んだ。

コースは名護市を出発し、名護湾と東シナ海に面した本部半島を時計回りに進んだ後、海岸線を北上。沖縄本島最北端の国頭村を反時計回りに周回し、太平洋沿いを南下して名護市へと戻ってくる。沖縄本島北部をおおむね 8 の字に進むルートは、中盤に 2 カ所の山岳 ポイントが設けられるほか、後半にかけても細かなアップダウンが控える。

午前 6 時 45 分にスタートしたレースは、序盤から逃げ狙いのアタックが頻発。たびたび 野中が仕掛けて先頭グループの形成を試みるが、ライバルチームの思惑もあり成功には至らない。また、途中で 10 人前後が先行した場面では、KINAN 勢がトレインを組んでメイン集団を牽引。他チームに思うようにはさせじと、しっかりとチェックに動いた。

そんな中で、スタートから 60km 過ぎに逃げグループがようやく決まった。4 人が先行し、 最大で 8 分 20 秒にまでリードを広げる。KINAN 勢はここには加わらず、次なる展開に備える。実際に、メイン集団では激しい絞り込みが行われ、2 度目の山岳ポイントを過ぎた頃には約 20 人にまで減らした。有力選手が残った集団には、ジャイ、リカルド、マルコスが含まれた。

逃げていた選手をすべてキャッチしてからは、集団がさらにサバイバル化。8 人にまで絞られ、この中にジャイが入る。そして、上り坂を利用してのブリヂストンアンカー内間康平選手(ブリヂストンアンカーサイクリングチ ーム)のアタックをきっかけに、8人からさらに絞られジャイを含む4 人による優勝争いへとなった。

しばらく均等に先頭交代を繰り返し先を急いできたジャイたち 4 人だったが、決定的な動きがラスト 12km 地点で起こった。上りで宇都宮ブリッツェンの増田成幸選手がアタック を決め、独走態勢となる。ジャイは内間選手とともに追撃を図るが、増田選手とのタイム差を縮めるまでには至らない。

結局、増田選手が逃げ切りに成功。この大会では 2 年ぶり 2 回目の優勝を果たした。33 秒差でジャイがフィニッシュへとやってきた。内間選手との 2 位争いを制したあたりに、 惜しくも優勝こそ逃したが最後まで集中して走ったことがうかがえる。

UCI ポイント獲得はジャイのみだったが、KINAN 勢は 4 選手が完走。マルコスが 28 位、 リカルドが 29 位、野中が 43 位だった。また、今シーズン限りでチームを退団する中西にとっては、最後の UCI レースに。タイムアウトに終わり完走扱いにはならなかったが、 フィニッシュには到達し、戦った足跡を残した。

その他の部門では、リカルドが山岳賞 3 位、チーム内上位 3 選手の合算で争われたチーム 総合でも 3 位となった。

これで、KINAN Cycling Teamの2016年公式レースは終了。今後はホストレースである KINAN COUPE DE AACAのほか、ファンとの交流イベントが年末までに控えている。 シーズンの戦いを振り返り、日頃応援してくださる方々へ報告を行っていく。

 

ツール・ド・おきなわ 男子チャンピオンロードレース(210km)結果

1増田成幸(宇都宮ブリッツェン) 5時間7分21秒

2 ジャイ・クロフォード(オーストラリア、KINAN Cycling Team) +34 秒

3 内間康平(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) +41 秒
4 ベンジャミン・プラデス(スペイン、チーム UKYO) +3 分 46 秒
5 湊諒(シマノレーシング)
6 雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)
7 西薗良太(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)
8 吉田隼人(マトリックスパワータグ) +3 分 50 秒
9 畑中勇介(チーム UKYO) +5 分 36 秒
10 入部正太朗(シマノレーシング) +7 分 9 秒

28 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) +7 分 18 秒

29 リカルド・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) +7 分 18 秒

43 野中竜馬(KINAN Cycling Team) +17 分 11 秒

FAD 中西重智(KINAN Cycling Team) +26 分 39 秒

●選手コメント

ジャイ・クロフォード 「シーズンの最後で、とても難しいレースだった。逃げが決まるのに時間がかかったのも、ハードさに拍車をかけたね。中盤で 4 人が逃げたのは KINAN 勢にとってはよいシチュエ ーションだった。アタックを開始したのは 2 回目の山岳ポイントを目前としたタイミング。 気温が上がってきて、徐々に強い選手だけが残る状況となった。増田選手のアタックはとても速く、そして強かった。ツール・ド・北海道、JBCF おおいたでも勝てなかったのだけれど、またしてもやられてしまった。今日は勝てるだけの脚はあっただけに、この悔しさは来年晴らすことになるね。また、2 位を争った内間選手も強かった。一緒に増田選手を追っている間も声を掛け合ったし、互いに最後まで諦めなかったから、それがよい走りにつながったと思う」

 

 11月19日ファン感謝祭の受付 ←クリック

 

モリコロパークでクリスマスライドはいかがですか!?

HOME - morikoro-velofesta ページ!

f:id:yasunori0625:20161008221046j:plain

 

▼11/20の最終戦、エントリー受付中!

www.coupedeaaca.com

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/

-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/

-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/

-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/

-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440

-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/

-uvex http://www.uvex-sports.jp/

-ATHLETUNE http://www.athletune.com/

-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/

-igname Sports Aroma http://www.igname.net/

-DISSETARE http://www.dissetare.com/

-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/

-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN

ツール・ド・おきなわ 2016 開幕前日

f:id:yasunori0625:20161112100639j:plain

text&photo:Syunsuke FUKUMITSU

 

ツール・ド・おきなわ 2016 開幕前日

KINAN Cycling Team5 選手が最終調整に励む

12nd November 2016

国内 UCI レースとしては 2016 年最後となるツール・ド・おきなわ(UCI アジアツアー 1.2)を翌日に控えた11月12日、KINAN Cycling Teamは開催地の沖縄県名護市で最終 調整を行った。

例年 11 月に開催されるこの大会は、ワンデーレースながら 210km という長丁場の戦いと して知られる。名護市を出発し、名護湾と東シナ海に面した本部半島を時計回りに進んだ 後、海岸線を北上。沖縄本島最北端の国頭村を反時計回りに周回し、太平洋沿いを南下し て名護市へと戻ってくる。沖縄本島北部をおおむね 8 の字に進むルートは、中盤に 2 カ所 の山岳ポイントが設けられるほか、後半にかけても細かなアップダウンが控える。

KINAN Cycling Team からは、キャプテンのジャイ・クロフォードを筆頭に、リカルド ・ガルシア、マルコス・ガルシア、野中竜馬、中西重智の 5 選手がメンバー入り。ジャイ を中心としながら、長距離のレースにも対応できる選手をそろえた。また、チームからの 退団が発表された中西にとっては、最後の UCI 公認レースでもある。

レース前日のこの日は、午前中に最終調整として 1 時間 30 分程度のライドを行い、午後 からはオープニングセレモニーに出席。レース本番に向けて準備を整えた。

UCI アジアツアーは、すでに 2017 年シーズン対象のレースが始まっており、ツール・ド ・おきなわも来年のビッグレース出場資格獲得に大いに関係する。KINAN Cycling Team としては、確実に上位に進出し、10 位まで付与される UCI ポイントを確保したいところ だ。

UCI 公認の「チャンピオンレース」は、午前 6 時 45 分にスタートし、正午頃のフィニッ シュが見込まれている。

ツール・ド・おきなわ(TOUR DE OKINAWA、UCIアジアツアー1.2) 沖縄県名護市発着 210km

オフィシャルWEBサイト http://www.tour-de-okinawa.jp/

● KINAN Cycling Team 出場選手

ジャイ・クロフォード

リカルド・ガルシア

マルコス・ガルシア

野中竜馬

中西重智

●帯同スタッフ

ゼネラルマネージャー 加藤康則

スポーツディレクター 石田哲也

マッサー 藤間雅己

メカニック 南野求

メディアオフィサー 福光俊介

 

 11月19日ファン感謝祭の受付 ←クリック

 

モリコロパークでクリスマスライドはいかがですか!?

HOME - morikoro-velofesta ページ!

f:id:yasunori0625:20161008221046j:plain

 

▼11/20の最終戦、エントリー受付中!

www.coupedeaaca.com

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/

-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/

-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/

-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/

-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440

-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/

-uvex http://www.uvex-sports.jp/

-ATHLETUNE http://www.athletune.com/

-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/

-igname Sports Aroma http://www.igname.net/

-DISSETARE http://www.dissetare.com/

-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/

-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN

 

 

ツールドおきなわ参戦メンバー

f:id:yasunori0625:20161111083233j:plain

f:id:yasunori0625:20161111083322j:plain

11月13日に開催されますツールドおきなわに下記のメンバーが参戦します。

大会HPアドレス 
http://www.tour-de-okinawa.jp/

<参加選手>
ジャイ・クロフォード
リカルド・ガルシア
マルコス・ガルシア
野中竜馬
中西重智

応援よろしくお願いいたします!

 

 11月19日ファン感謝祭の受付 ←クリック

 

モリコロパークでクリスマスライドはいかがですか!?

HOME - morikoro-velofesta ページ!

f:id:yasunori0625:20161008221046j:plain

 

▼11/20の最終戦、エントリー受付中!

www.coupedeaaca.com

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/

-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/

-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/

-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/

-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440

-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/

-uvex http://www.uvex-sports.jp/

-ATHLETUNE http://www.athletune.com/

-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/

-igname Sports Aroma http://www.igname.net/

-DISSETARE http://www.dissetare.com/

-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/

-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN

熊野古道ヒルクライム

f:id:yasunori0625:20161106134351j:plain

text&photo:Syunsuke FUKUMITSU

 

熊野古道ヒルクライムに KINAN Cycling Team がゲスト参加

参加者とのふれあいやプロの走りを披露

●第 11 回 那智勝浦町 熊野古道ヒルクライム2016年11月6日開催

8th November 2016

紀伊半島南東部の和歌山県那智勝浦町で 11 月 6 日、「熊野古道ヒルクライム」が開催され た。同町に隣接する新宮市を拠点とする KINAN Cycling Team がゲスト参加し、約 300 人の一般ライダーにプロの走りを披露すると同時に、ファンサービスに努めた。

今年で第 11 回目を迎えるこのイベントは、例年 5 月から 6 月にかけて行われるツール・ ド・熊野(UCIアジアツアー2.2)と同じ、NPO法人「SPORTS PRODUCE熊野」が主 催。熊野三山のひとつ『熊野那智大社』のある那智山を舞台に、日頃ロードバイクで鍛えた健脚を試す場となっている。コースは A・B・ママチャリと 3 つに分けられ、A コース は那智海水浴場前をスタートし、那智山頂上の大雲取にフィニッシュする、30.5km・高 低差 960m(パレード区間含む)。B コースは同じく那智海水浴場前をスタートし、中腹の 阿弥陀寺にフィニッシュする、15.2km・高低差 560m(パレード区間含む)。ママチャリ 部門は、那智山麓をスタートして阿弥陀寺を目指しながらのサイクリング。

KINAN Cycling Team からは、キャプテンのジャイ・クロフォードを筆頭に、阿曽光佑、 リカルド・ガルシア、マルコス・ガルシア、野中竜馬、中西重智の 6 選手が参加。また、 傘下の育成チーム「KINAN AACA」からも 3 選手が招かれた。大会前日には、関係者とともに熊野那智大社での安全祈願に臨み、事故なくイベントを成功させることをチーム全員で誓った。

f:id:yasunori0625:20161105112729j:plain

そして迎えた当日は、全選手 A コースに出走。交通事情に配慮し、パレード走行後は約 50 人ずつでのグループスタートが採用され、KINAN Cycling Team メンバーも各グループ に分かれて一般ライダーとともにコースへと那智山の頂を目指した。

そんな中、「これぞプロ」の走りを見せたのがジャイ。正式スタートからグングンと飛ばし、途中の激坂区間ダウンヒルも難なくクリア。急峻な上りをこなして頂上でのフィニッシュタイムは、参加者中ただ 1 人 1 時間を切る 59 分台の一番時計をマーク。ゲスト参加のため記録はオープン扱いとなったが、一般ライダーを前にプロの実力を披露した。その他メンバーも、トレーニングを兼ねて走りながら、ときに一般ライダーとコミュニケーションをかわしながらフィニッシュを目指した。

険しい山道でのライドだけに、頂点を制した一般ライダーは一様に喜びに満ちた様子。和歌山市から参加した崎濱卓司さんと久保充司さんは、ともに「強力馬力自転車屋」の名で活動するチームのメンバー。普段は和歌山市内や高野山、海南高原を走ることが多いという。初参加となったこのイベントを振り返り、「激坂が多くて苦しかった。初めて上ったけれど、自分のペースで走るのが難しいコースだった」と述べる。それでも表情は明るく、 「実力が分かったので、来年は絶対にリベンジしたい」と声を弾ませた。

f:id:yasunori0625:20161106090105j:plain

ヒルクライム後は、メイン会場である那智海水浴場前へと戻って、KINAN Cycling Team メンバーによるトークショーや抽選会で盛り上がった。那智勝浦町ユネスコ世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道」の中でも有数の観光地として知られ、近海で獲れた魚介類の旨さも魅力。会場では、まぐろの解体ショーが行われるなど、新鮮な海の幸が多数振る舞われた。

f:id:yasunori0625:20161106115452j:plain

KINAN Cycling Teamは、11月13日にツール・ド・おきなわ(UCIアジアツアー1.2) に出場し、2016 年の UCI レースを締めくくる。その後はファンとの交流イベントが11月19日に控えており、レースシーズンが終わっても精力的に活動を続ける。同時に、来たる 2017 年シ ーズンへの準備も進め、チームとしての充実度を高めていくこととなる。

 

 

 11月19日ファン感謝祭の受付 ←クリック

 

モリコロパークでクリスマスライドはいかがですか!?

HOME - morikoro-velofesta ページ!

f:id:yasunori0625:20161008221046j:plain

 

▼11/20の最終戦、エントリー受付中!

www.coupedeaaca.com

▼KINAN Cycling Teamは皆様に支えられ活動しています。

-株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/

-NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野 http://www.nspk.net/

-YONEX http://www.yonex.co.jp/roadbike/

-Champion System Japan http://www.champ-sys.jp/

-FULCRUM http://www.riogrande.co.jp/brand/node/2440

-IRC TIRE http://www.irc-tire.com/ja/bc/

-uvex http://www.uvex-sports.jp/

-ATHLETUNE http://www.athletune.com/

-WAKO‘S http://www.wako-chemical.co.jp/

-igname Sports Aroma http://www.igname.net/

-DISSETARE http://www.dissetare.com/

-KINANCyclingTeam http://kinan-cycling.com/

-KINAN AACAcup http://www.coupedeaaca.com

-Twitter @teamKINAN